徹底解説|サロモン ソフトフラスクの洗い方:見えない黒カビに注意

サロモン給水

サロモンのソフトフラスクはランニング用の給水ボトルに最適。でも分解して掃除しないと黒カビが付着するので、洗い方を分かりやすく解説する。

購入ガイド

サロモン ソフトフラスク 150ml」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

黒カビが付着

夏にサロモンの「ソフトフラスク 150ml」を購入して以来、ほぼ毎日のようにランニングで使っている。ポケットにすっぽり収納でき、1時間くらいのワークアウトにちょうど良いサイズで気に入っている。

使った後はソフトフラスクに水道水を入れ、飲み口から押し出して流水洗浄。そして半日かけて自然乾燥させる。それを3ヶ月間繰り返してきた。

週末、小学生の娘たちを連れてランニングに出かけた際に、喉が渇いたというのでソフトフラスクの水を飲ませると、「パパ、これ変な味がする。。ちゃんと洗ってるの?」と娘に言われた。

改めてソフトフラスクを隈なくチェックすると、飲み口の内側に、黒カビらしきものがびっちり付着していた。なぜこんな状態になるまで気づかなかったのだろう。軽く、いや、かなりショックを受けた。

飲み口を分解

帰宅してすぐにソフトフラスクの洗浄に取り掛かった。まずは飲み口をキャップから外す。シリコンの部分を時計回りにクルッとひねると外れる設計になっている。

さらに、指で内側のノズルを押して飲み口を分解する。ここまで分解できるとは知らなかった。黒カビが気持ち悪い。

よく見ると、ソフトフラスクの角の部分にも黒カビを発見。流水洗浄では洗い切れていなかった。

歯ブラシで洗浄

歯ブラシを使い、分解した飲み口とソフトフラスクに付着した黒カビを削ぎ落としていく。

見違えるようにきれいになった。

もう一度見比べて欲しい。こちらがビフォー。

こちらがアフター。

自然乾燥

あとは自然乾燥させるだけ。

さすがに毎回これをやるのは面倒だが、1週間に1回は隅々まで掃除しようと心に誓った。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

サロモン ソフトフラスク 150ml」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

暑い夏のランニングを快適に楽しむために、サロモンの「ソフトフラスク 150ml」を購入した。ソフトフラスクは、柔らかくて折りたたみ可能な給水ボトル。飲んだ分だけ容量が圧縮されるので、ランニング中でも水がジャバジャバしない。

サロモン ソフトフラスク 150ml」の最新価格を今すぐチェック!

#サロモン#給水

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。