SALOMON XA PRO 3D GTX レビュー・評価

SALOMON XA PRO 3D GTX レビュー・評価|ともらん


作成| 更新

人生で初めてトレイルランニング専用のシューズを買いました。

選んだのは、サロモン(Salomon)の「XA PRO 3D GTX」。人気モデル「XA PRO 3D」シリーズの防水仕様(GTX=ゴア・テックス)バージョンです。

足場の悪い道での着地安定性、鋭い岩場から足を守る堅牢性、ウェットなコンディションにも耐えうる防水性など、ぼくがトレランシューズに求める条件をすベてクリアしています。

シューズの履き心地やトレランコースでの使用感を含め「XA PRO 3D GTX」をレビューしたいと思います。

XA PRO 3D GTX の特徴

最大の特徴は、本格的なトレランから移動中のロードランまで幅広く対応できること。

アウトソール(靴底)が比較的フラットなのにグリップ力が強いところが気に入っています。通常、本格的なトレランシューズはアウトソールがボコボコしているので、市街地や公共交通機関での移動中は別のシューズに履き替える必要がありますが、XA PRO 3D GTXならロードもトレイルもどちらもOK。替えのシューズがいらないので荷物が少なくて助かります。

かと言って、トレイルでは脆さを感じることは一切なく、土、岩、水、雪の上で高い安定性を保ちます。ゴア・テックス(GORE-TEX)の防水仕様でもあるので、水たまりの中や雪の上を走ってもシューズの中はドライのまま。

以下はAmazon商品説明より。

軽量化に成功したXA PRO第7世代。XAのコンセプトである、山から川まで大自然を巡るアドベンチャーレースに対応する耐久性と安定性はそのままに、水場でも威力を発揮するグリップ力を追加。フィット感もより柔らかにアップデートされ、ハイキング/ウォーキングシーンにもフィットする仕様となった。高い防水性と透湿性を両立させたGORE-TEX®採用モデル。

Amazonで「XA PRO 3D GTX」の最新価格とレビューをチェックしてみる

XA PRO 3D GTX のスペック

以下はサロモンの公式サイトより抜粋。

重量 385グラム
アウトソール素材 Premium Wet Traction Contagrip®
ミッドソール EnergyCell/射出 EVA/圧縮 EVA
シャーシ 3D Advanced Chassis™
メンブレン Gore Tex® 採用の Salomon フレックス
ソックライナー 成型 EVA/成型 EVA フットベッド/OrthoLite®
プロテクション プロテクティブラバートゥキャップ
フィットマネジメント SensiFit™/Quicklace™/アシンメトリーレーシング/摩擦のないレースアイレット

特筆すべきは「3D ADVANCED CHASSIS™」と呼ばれる高機能シャーシ。シャーシとは動物でいえば骨格、自動車でいえば骨組みの部分。トレランシューズの多くはカッチリしたものが多いですが、XA PRO 3D GTX はシャーシのおかげで適度な弾力性と反発力の両立を実現しています。

アウトソールとミッドソールの間に Salomon 独自の薄型構造の高機能シャーシを配置することで、安全性やモーションコントロール、エネルギーマネジメントを最大限に高め、優れた性能と安定感、反発力を実現しています。

外側(上)と内側(下)の写真。

下部(左)と上部(右)の写真。

XA PRO 3D GTX の履き心

週末、和歌山県の高野山周辺でトレイルを走る機会があり、早速 XA PRO 3D GTX の実力を試してきました。ガチなトレイルランと移動・観光を兼ねたロードランを合わせて40キロほどの距離を走りました。

  • 九度山駅〜慈尊院:ロード、2キロ
  • 高野参詣道:トレイル、20キロ
  • 高野山大門〜奥の院:ロード:6キロ
  • 熊野古道 小辺路:トレイル、12キロ

高野参詣道は前半は比較的フラットなトレランコース。足場も悪くなく、土と砂利の上をひたすら走りました。

後半から岩がゴツゴツしてきましたが、こういう時こそ強力なグリップが役立ちますし、万が一、鋭利な岩肌に足をぶつけても守ってくれます。

熊野古道の小辺路(こへち)と呼ばれるトレランコースは、熊野古道の中でも最難関のルートとして知られています。傾斜もきつく、足場も悪いので注意して走らないと崖から落ちてしまいます。所どころウェットな場所がありますが、防水仕様なので気にせず前に進めました。

標高が高くなると雪が積もっていましたが、ゴア・テックスなのでもちろんドライ。さらに保温性も優れているので助かりました。

職場でもギリギリOK?

こんな感じで職場にも履いて行きました。アッパー部分をデニムの中に入れてしまえば、それほど違和感はありません。

たまたまこの日は、数年ぶりの大雪で都心でも雪が 5cm以上積もりました。こういう想定外の大雪の時にも「XA PRO 3D GTX」は心強い相棒となってくれます。


ワンポイントアドバイス

今回はトレランシューズをじっくり選ぶ時間がありませんでしたが、気になった3モデルをアマゾンで注文し、自宅で試し履きしました。実際に履いてみると、サイズが同じでもフィット感が全然違います。

  1. XA PRO 3D GTX(左)
  2. SPEEDCROSS 4 GTX(中)
  3. SENSE PRO MAX(右)

XA PRO 3D GTX は定価が18,360円ですが、アマゾンでの実勢価格は13,000円前後。

Amazonで「XA PRO 3D GTX」の最新価格とレビューをチェックしてみる

ちょうど12月8日〜12月11日の「サイバーマンデー」セール期間中に注文したので、新品にも関わらずさらに25%OFFで買えました!

不定期にセールを実施しているようなので、スポーツ・アウトドアストアをブックマークしてこまめにチェックすることをおすすめします。

関連返送料無料!ランニングシューズをアマゾンで注文&自宅で試し履きする方法

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。