サンフランシスコで人気No.1のランニングコースは「ベイ・トレイル」

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

米サンフランシスコに滞在中、ベイエリア→ゴールデンゲートブリッジ→ロンバード・ストリートのコースを走ってきました。観光スポットが盛りだくさんなので、3回に分けてレポートします。

まずはベイエリアから。フィッシャーマンズ・ワーフ付近のホテルからゴールデンゲートブリッジまでは、ベイ・トレイル(Bay Trail)と呼ばれる海沿いの歩道・自転車道を走ります。繁華街から公園、ヨットハーバーを通り抜け、クリッシー・フィールドの砂浜まで来ると、ゴールデンゲートブリッジがお出迎え!走っていてワクワクするコースでした。

ちなみにStravaでは、サンフランシスコで人気 No.1のランニングコースに選ばれていました。

今回のスタート地点は、美味しいロブスターで有名な「フィッシャーマンズ・ワーフ」。さすが世界的な観光地だけあり、どこを歩いてもすごい人だかりでしたが、家族連れよりも修学旅行の学生が異様に多かった気がします。

走りに出かける1時間ほど前に、とびきり美味しい「ロブスター・サンド」を食べてきました。

関連記事フィッシャーマンズ・ワーフの屋台で見つけた絶品「ロブスター・サンド」

しばらく海沿いを走り続けると「サンフランシスコ海事国立史跡公園」に入りました。もともと港町として栄えてきたサンフランシスコの「海運」に関する歴史的建造物や博物館などがあり、昔ながらの船造りや船乗り体験ができる一種のテーマパークです。

昔の蒸気船のパーツがどどーんと展示されていたり、蒸気船の内部を探索したりできます。

公園から眺めるサンフランシスコの街並みも素敵でした。

こちらも公園の一部です。左手の白い建物は海洋博物館。右手には白い砂浜が広がります。

海事国立史跡公園の端まで来ると、階段を上って丘の上を目指します。

木と木の間から海事国立史跡公園の一部が見渡せました。いい景色ですねー。

丘を下って行くと、広々とした芝生の公園に出ました。

ここからしばらくヨットハーバーが続きます。老夫婦が仲良く手をつないでいたので、写真を撮らしてもらいました。

一直線の歩道を駆け抜けます。前方にゴールデンゲートブリッジが見えてきました!

ベイ・トレイルを走っていると、自転車の多さに驚きます。ベイエリアのレンタルサイクルで自転車を借りて、ゴールデンゲートブリッジまで往復するのが人気コースらしいです。往復10キロなのでランニングはちょっと、、という人にはレンタルサイクルがオススメです。

自転車の交通量は多いですが、道幅が広いので走っていて困ることはありません。「YIELD TO PEDS(歩行者に道を譲ろう)」と書かれたメッセージが印象に残りました。

さて、ヨットハーバーを通り抜けると、いよいよクリッシー・フィールドに入ります。この辺りは白い砂浜が延々と広がり、ゴールデンゲートブリッジを眺めながら泳いだり、サーフィンを楽しむ人たちが多くいました。

そろそろゴールデンゲートブリッジに到着です。橋に近づくにつれてランナーの数も増えてきました。こちらは上半身裸で走る男性。シアトルだと変質者に間違われるかもですが、サンフランシスコだと全然違和感ないですね!

以上、フィッシャーマンズ・ワーフからゴールデンゲートブリッジまで、ベイ・トレイルの風景をお伝えしました。走るのもよし、歩くのもよし、自転車で行くのもよし。サンフランシスコに来たら絶対に外せない、穴場的な観光ルートです。

次に続きます。

サンフランシスコ特集

B!

同じカテゴリの記事

世界遺産「水原華城」への行き方。おすすめは、八達門→南水門→城壁コース

気分は18世紀末の武将?世界遺産「水原華城」の山頂からの眺め

旅ラン」の記事一覧へ ▶︎