TRAVEL

フィッシャーマンズ・ワーフの屋台で見つけた絶品「ロブスター・ロール」

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

米サンフランシスコのフィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman’s Wharf)でとびきり美味しい「ロブスター・ロール」を食べてきました!

実は、フィッシャーマンズ・ワーフがサンフランシスコにあるとつゆ知らず、ロングランの前に空腹を満たそうとホテル周辺を歩いていたら、たまたまこちらにたどり着きました。

「これって本家のフィッシャーマンズ・ワーフじゃないよね?」と思わず疑ってしまいました。

なぜなら以前写真で見たフィッシャーマンズ・ワーフのイメージと全然違うから。ウッドデッキ調のシーフード店が軒を連ねる、ディズニーシーのような光景が頭をよぎります。あとで調べてみたら、その写真はここからもっと奥にある「Pier 39」の風景らしいです。

「カニ屋台」でロブスター・ロールを購入

ひとりでレストランに入るのは気が引けるので「The Crab Station(カニ屋台)」と書かれた屋台で買って食べることにしました。

丸いパンをくり抜いて作った「クラム・チャウダー」も魅力的でしたが、やはりフィッシャーマンズ・ワーフに来たからにはクラブ(カニ)を食さねば。

ということで、赤いプリップリの身がぎっしり詰まったサンドを指差して「クラブ・サンドひとつ」とお願いすると「これはロブスター・ロールだよ」と言われました。。

クラブ・サンドは見た目がほぼシーチキン・サンド。全く食欲がそそられなかったので、迷わずロブスター・サンドを注文しました。ついでに大エビのボイルも注文して合計32ドル、日本円で3,500円程度。

カモメに睨まれながらロブスター・サンドを食す

天気が良いので屋台の近くにイートインできるスペースで食べることにしました。すぐさまカモメやスズメが近くに寄ってきます。舌が肥えているのか、地面に落ちているパンは見向きもせず、カニやロブスターなどの身だけを食べていました。

見て下さい、このボリューム感!ぼくの握りこぶし3個分はありますね。

中身はロブスターの身のマヨネーズ和えがぎっしり詰まっています!最高に美味いんですが、さすがに最後の方は飽きてきました(笑)。ハーフ&ハーフにすればよかったなぁ。

こちらは大エビのボイル。真ん中のチリソースがピリリと辛くて絶品!

まとめ

お腹が満たされたところで(というかちょっと食べ過ぎました、、)これからサンフランシスコの観光名所「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」を目指してロングランに出かけます。

次回は家族を連れて「Pier 39」を訪れて見たいですね。あと「クラム・チャウダー」も食べたい!

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎

この記事のカテゴリ

TRAVEL

旅ランのカテゴリへようこそ!旅するとと、走ることが大好きな tomo.です。旅行や仕事で訪れた街を走ったり、自ら準備・企画して秘境の地を走ったりと、旅ランをライフワークにしています。そんなランナーだからこそ見える旅の風景をお届けすると同時に、旅先で見つけた面白いものも紹介していきます。

TRAVEL の記事一覧へ  ▶︎

この記事のトピック

同じトピックの関連記事もご覧ください。

シャガールと安藤忠雄の意外な共通点 @シカゴ美術館|
【シカゴマラソン】レースを120%楽しむための専用アプリが秀逸!|
【シカゴマラソン】前日受付:参加キットの中身はナイキのTシャツ、エナジーバー、etc|
配車サービス「Lyft リフト」の使い方まとめ。オススメはUberとの二刀流|
「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」で絶景ランニングを楽しむ方法と注意点|
ロンバード・ストリートと「世界で最もねじれた坂道」の坂道ランに挑む!|
サンフランシスコで人気No.1のランニングコースは「ベイ・トレイル」|