ロンバード・ストリートと「世界で最もねじれた坂道」の坂道ランに挑む!

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

米サンフランシスコにロンバード・ストリート(Lombard Street)という東西一直線に伸びる道路があります。近年、この道路の一部が「世界で最もねじれた坂道(crookedest street)」としてソーシャルメディアで話題になり、今やサンフランシスコの人気観光スポットとなりました。

今回、ゴールデンゲートブリッジからホテルへ戻る途中にロンバート・ストリートを走ってきました。「世界で最もねじれた坂道」自体は車道なので走れませんでしたが、そこに行き着くまでの上り坂が転げ落ちそうなくらいの急勾配だったので驚きました。坂道トレーニングの合宿をするなら、サンフランシスコがオススメです(笑)。

自動車が転げ落ちない!?

ゴールデンゲートブリッジからプレシディオ(Presidio)と呼ばれる緑地を通り抜け、ロンバード・ストリートに出ました。約4キロの道のりが一直線に伸びる様子は、見ていて清々しいですね。ただ、遥か彼方に見える長い上り坂が気になります。

しばらくは片側三車線のフラットな道路を走ります。サンフランシスコ市街地の幹線道路なので交通量はかなり多いです。それから信号が多いため、200メートル毎に足止めを食らいます。

さて、いよいよロンバード・ストリートの最大の難所に差し掛かりました。見てください、この長い上り坂を!あとでStravaで確認したら高低差が50メートルほどありました。

坂を上り始めます。息が苦しい、というよりは足首にかなり負担がかかっています。

道路沿いに居住者の車が駐車してあるのですが、転がり落ちないか心配です(笑)。

上り坂の後半に差し掛かり、さらに傾斜がきつくなりました!こちらはカメラを垂直にして撮影した写真。

駐車の仕方もすごいですが、建物の構造もすごい!

頑張って走りながら上ります。自動車もきつそうでした(笑)。

こちらが頂上からの眺め。一直線の道路は見ていて清々しいです。遠方に見える緑化地域(プレシディオ)がスタート地点です。

世界一ねじれた坂道へ

ん?ハイド(hyde)?

ハイド・ストリート(hyde street)、道の名前です。このハイド・ストリートとロンバード・ストリートが交差するところにサンフランシスコの新しい観光地「世界一ねじれた坂道」があります。現地は観光客で賑わっています。

世界一ねじれた坂道は、車道で下りの一方通行。主にハイド・ストリートから車が入ってきます。

こんな感じで「S字」カーブが続きます。どの車も慎重に坂を下りていきます。歩行者は両脇の階段を上り下りします。

両脇の建物には普通に住民が住んでいます。なので坂の途中に駐車スペースがちゃんとありました。こういう感じで車を停めるんですね。しかし、これだけ観光客が押しかけると住んでいる人にとっては迷惑でしょうね。。

坂の下まで降りてきました。ちょうどアジサイの花が見頃で綺麗でした!

ロンバード・ストリートはまだまだ続きます。それにしてもサンフランシスコは急勾配の坂が驚くほど多いですね。。坂道トレーニングには絶好のロケーションですけどね。

サンフランシスコ特集

B!

同じカテゴリの記事

世界遺産「水原華城」への行き方。おすすめは、八達門→南水門→城壁コース

気分は18世紀末の武将?世界遺産「水原華城」の山頂からの眺め

旅ラン」の記事一覧へ ▶︎