【中島公園】札幌市内でアート鑑賞しながら走れるランニングコース

中島公園は札幌の中心部にある公園。1周約2kmの園内には彫刻作品が点在し、アートを鑑賞しながらランニングが楽しめる。北海道マラソンに参加したついでに走ってきたので紹介する。

アクセス

中島公園は北海道札幌市中央区にあり、地下鉄南北線の中島公園通駅と幌平橋駅から歩いてすぐ。

コース

中島公園1周

中島公園にはランニングコースはないが、園内の遊歩道をぐるりと1周すると2kmほどになる。今回は北側から反時計回りに1周してから、公園の中心部を散策してきた。

中島公園に隣接する「渡辺淳一文学館」。そういえば渡辺氏は北海道のご出身だった。好きな作家なので立ち寄ろうとしたが、今日は定休日だった。

公園の西〜南にかけて、鴨々川が流れている。このまま南へ進んでいくと豊平川と合流する。

公園の東側は片側二車線の道路。毎年8月に開催される「北海道マラソン」のコースの一部でもある。

アート鑑賞しながら走れる公園

あっという間に1周してしまったので、今度は公園の中心部を散策してみることにした。こちらは青と白のコントラストが素敵な「豊平館」。開拓使が建てた洋造ホテルで、明治政府が建てた唯一のホテル。現在は国の重要文化財に指定されている。

中島公園には天文台もある。こちらが銀色の丸い屋根が特徴の「札幌市天文台」。中には入れなかった。

こちらのガラス張りの立派な建物は「札幌コンサートホール Kitara」。

近くに世界的な指揮者、レナード・バーンスタインの銅像を発見。札幌コンサートホール Kitaraを見つめながら指揮棒を振っていた。

中島公園には彫刻作品が点在している。アートを探しながらランニングするのも良いだろう。こちらの彫刻作品の題名は「相響」。

こちらは子連れの彫刻、「母と子の像」という題名の作品だ。近くで見ると、なんだか怖い。。

ちょっとしたトレイルランニングが楽しめるエリアもある。

またレオナルド・バーンスタインの銅像かと思いきや、北海道の政治家、木下成太郎だった。初めて聞く名前だ。

こちらは公園の真ん中にある菖蒲池。

お役立ち情報

時間に余裕があれば、園内の彫刻作品を全部コンプリートしたい。詳細は公式サイトで確認できる。

北海道民のオキテ