どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

2018年1月22日に米国シアトルで新たなコンビニエンスストアがオープンしました。その名前はAmazon Go(アマゾン・ゴー)。棚から品物を手に取り、レジに並ばずにそのまま持ち去るという画期的なコンビニです。日本でも次世代のコンビニとしてメデイアに取り上げられていました。

初めて聞くと「それって万引きじゃないの?」と思いますが、入店時にスマホをアプリをかざして個人を特定し、代金は事前に登録したクレジットカードに課金されるしくみになっています。

現時点(2018年2月)ではシアトルの 1号店のみ営業中。スマホとクレジットカードがあれば誰でも利用できます。ちょうど今週シアトルに滞在しているので、先ほどランチを買いに Amazon Goへ行ってきました。最初だけかもしれませんが、店を出るときはかなりドキドキしました!

Amazon Goとは?

こちらの日経新聞の記事が Amazon Goの特徴をうまく要約しています。

米アマゾン・ドット・コムは22日、米シアトルでほぼ無人のコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」を一般向けに開業した。画像認識や深層学習の技術を駆使することで「棚から品物を取って歩いて外に出るだけ」で会計が済む仕組みを作り上げた。(日経電子版:ストレス無縁、買い物が変わる アマゾン・ゴー体験記

店舗は基本的に日本のコンビニと大差ありませんが、「レジでお会計」という数百年以上続いてきた小売業の慣習を無くしたことが Amazon Goの最大の特徴です。

Amazon Goの場所

Amazon Goの1号店はシアトルの中心部(ダウンタウン)にあります。ちょうど 7th Avenueと Branchard streetが交差するあたり。


営業時間は平日(月〜金)の午前7時から午後9時まで。

お店の前では店員さんがオレンジ色のバッグ(布製)を無料で配っていました。それから「アプリをダウンロードしましたか?」と聞いていました。Amazon Goは専用アプリがないと利用できません。

Amazon Goの使い方

Amazon Goの使い方について簡単に説明します。

Amazon Goは誰でも利用できます。必要なものは、Amazon Goのスマホアプリ、Amazonアカウント、クレジットカードのみ。入店する前に設定を済ませておく必要があります。

スマホアプリは、iOSAndroidに対応。無料でダウンロードできます。

まずはアプリを起動して初期設定を済ませておきます。サインインでは Amazon.comのアカウントが必要でした。また、支払方法の設定では請求先に日本の住所が使えず、現地のホテルの住所にしたら無事に初期設定が完了しました。

Amazon Goの入口は自動化ゲートで仕切られており、Amazon Goアプリに表示されるバーコードをゲートにかざすと出入りができます。店内では欲しい商品を手にとって袋に入れていきます。物理的な「カゴ」はありませんが、手に取った商品はバーチャルな「カゴ」に入ります。複数個でもカウントしてくれまし、棚に戻せば「カゴ」の中身もちゃんと変わります。

最後に会計をせずにゲートを出るだけ。あとで Amazon Goアプリにレシートが表示されます。

それでは実際に買い物を体験してみます!

Amazon Goでお買い物体験

店内で写真撮影して良いかと聞いたら、ご自由にどうぞ!とのことでした。

広さは日本のコンビニと変わりないですが、コンビニ特有のゴチャゴチャした感じがしません。どちらかというとスーパーの食品売場に近いですね。こちらは乳製品の棚。

サンドイッチコーナーも充実しています。ちょうど昼時だったので、売れ行きが好調でした。

ミールキット(半調理品)もありました。仕事帰りに買って自宅で調理するのでしょうか?それにはパッケージがかなりデカイですね。

ランナーとして気になるドリンクコーナーもチェック。スポーツドリンクは Gatorade(ゲータレード)がずらりと並んでいます。さすが全米シェアトップのスポーツドリンクですね。価格は $1.73から $1.49に値引きされていました。

今回はサンドイッチとフルーツジュース、そしてお土産に Amazon Go限定の板チョコ 3枚、合計5点を「持ち去る」ことにします。

さて、ここからが正念場。そのままゲートを出るだけなのですが、よく分からない背徳感に苛まれ、外に出るのをためらってしまいます。とりあえずゲートに立っている店員のお兄ちゃんに「出ていいんだよね?」と目配せしてからゲートを通過しました。こういう時、小心者な自分に嫌気がさします。

すぐさまスマホを確認すると、Amazon Goのアプリに注文内容とレシートが表示されていました。同じ内容がメールでも届きました。なんと滞在時間(4分11秒)まで表示されています。これは今までにない体験ですね!

Amazon Goでイートイン

ゲートの外側にはイートイン・スペースもありました。Wifi・給電は無料。

せっかくなので、ランチをいただいてきました!そのままだと冷たいので、ちゃんと電子レンジで温めましたよ。

さいごに、余談ですが

なぜ自分は店を出るときに背徳感に苛まれたのか?と後々自問してみました。

万引きしている感じがするから?いや、違う。

機械に監視されているから?いや、それも違う。

初めて来たのに「ツケといて!」と言ってるようなものだから?あ、それかもしれない。