シンガポールで夜ラン出来なかったので、自分が「マーライオン」になってみた

シンガポールの超人気店「JUMBO」でチリクラブを食べたあとは、イルミネーションに輝くシンガポールの街を散策してきました。

シンガポール観光の鉄板といえば、世界三大ガッカリにも選ばれた「マーライオン」ですが、今回はあえて行かないことにしました。ガッカリするのは嫌なので(笑)。

とりあえず目的のないまま、ベイエリアを目指してリバーサイドを歩いて行きます。リバーサイドにはオシャレなレストランが軒を連ね、夜景を見ながら食事を楽しむことができます。

時間に余裕があれば、このリバーサイドで夜景ランをやってみたかったな…。

マーライオンの勇姿

でも結局、来ちゃいました、マーライオン。だって進行方向にたまたまあったので。。

クラークキーから歩いて15分ほど。豪華絢爛なフラートン・ホテルの近くにマーライオンの広場があります。

マーライオンは、想像していたよりも大きかったです。夜景もきれいで全然ガッカリではありませんでした。

マーライオンの後ろにミニ・マーライオンがいました。これがマーライオンだったら、ガッカリしてたかも。

せっかくここまで来たので、マーライオンと同じポーズで記念撮影!本当はしょんべん小僧バージョンも撮りたかったのですが、位置関係が難しくて断念しました。

マーライオンの見つめる先には、世界有数の珍建築のひとつマリーナ・ベイサンズが見えます。いい感じでライトアップされていました。

空中庭園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

このままホテルに帰ろうと思いましたが、せっかくなのでマリーナ・ベイサンズとその近くのガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行くことにしました。歩くには遠いのでタクシーで向かいます。

今度来るときは、絶対に走って行こう。。

新しいコンセプトの庭園。入園料は無料でした。こちらもいい感じにライトアップされています。

空中散歩ができるようですが、残念ながらクローズした直後でした。

「マリーナ・ベイ・サンズ」から見たシンガポールの夜景

旅の最後はマリーナ・ベイサンズで締めくくりたいと思います。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイからマリーナ・ベイサンズまでは、歩いて10分ほどの距離です。

建物の中はこんな感じです。56階の展望台は、地下のチケット売り場から向かいます。

56階の展望台から見たガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。先ほど見た空中庭園が小さく見えます。

こちらはマーライオンがいる方面。

マリーナ・ベイサンズの有名なインフィニティ・プールや屋上レストランは、宿泊客しか立ち入ることができません。

しかたなく展望台の端からインフィニティ・プールを覗いてみます、がよく見えませんでした。

シンガポール旅行記

この記事をシェアする