読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ランニングの疲労回復法は「睡眠」が最強だと思う

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

新しいマラソントレーニングを始めてから2ヶ月が経ちました。マラソン女子世界記録保持者のポーラ・ラドクリフ監修の「running.COACH」というプログラムを利用しています。

11月のニューヨークシティマラソンに向けて、徐々にステップアップする練習メニューを組んでもらっているのですが、3ヶ月目に入ってから内容が急激にキツくなりました。

先週の練習メニューはこんな感じです。

仕事や家族行事のスケジュールで一部調整はするものの、なるべく練習メニューを忠実にこなしています。先週はポイント練習を平日の水曜日と金曜日に行いました。

正直キツいです。特に平日はフルタイムで働いており、通勤も往復2時間かかるため、仕事だけでも十分体力を消耗します。

でも、キツい練習を乗り越えていかないとランナーとしてステップアップできないことも分かっている。

そんな中、僕が意識しているのは、練習での疲れを持ち越さないこと。そのために、いつもよりも多く睡眠を取るように心がけています。

これまでリカバリージョグやマッサージ、温冷交代浴やプロテイン摂取など、いろんな疲労回復法を試してきましたが、睡眠に勝る疲労回復法はないと思っています。

いつも12時に寝るなら、1時間速く11時にベッドに入る。通勤電車で座れたら10分でもいいから仮眠を取る。子どものお稽古の待ち時間にアイマスクを付けて熟睡する。

そんな地道な積み重ねが、ランニングの疲労回復に効いていると実感しています。

さいごに

キツい練習をこなすことも大事ですが、疲労を蓄積しない工夫はもっと大事!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎