STRAVA(ストラバ)プレミアム会員の使用感と、ぼくが解約した理由

Strava(ストラバ)

以前から気になっていた、STRAVA(ストラバ)のプレミアム会員。STRAVAは無料会員でも充分使えますが、有料のプレミアム会員になると有名コーチのトレーニングプランや目標設定機能などが利用できると知り、6週間後の「さいたま国際マラソン 2016」に向けて、プレミアム会員に登録してみました。

しかし2か月使っても、ぼくは月額600円の価値を見出せなかったので解約しました。今回は、プレミアム会員の使用感と、登録から解約までの流れを紹介します。

プレミアム会員の特徴

マラソン自己ベスト更新など、設定した目標に向かって日々のトレーニングをサポートしてもらえます。今回、プレミアム会員に入会した一番の目的です。

週間、年間、またはお気に入り区間など、さまざまな目標を設定しましょう。世界有数のランニングまたはサイクリング コーチによるカスタマイズ可能なトレーニングプランを利用すれば、確実に目標を達成できます。

走行中のデータ連携やフィードバック機能が豊富。個人的にはあまり使わないかな。

プレミアム アスリートは、アクティビティ中にプレミアムならではの体験ができます。たとえば、Beacon によるトラッキング機能で安全性の確保や、モバイルデバイスや Garmin でリアルタイムのフィードバック受信およびライブ区間のチェックが可能です。

走行データの高度な分析が可能です。ただ、心拍数を計測していないとフル活用できなさそうですね。

Strava は、ほぼすべてのスマートフォンや GPS デバイス、そしてペアリングされた心拍数モニタやパワーメーターなどのセンサーと共用できます。さらに、プレミアム サービスを利用すると、アクティビティ後にそのデータを利用したスコアやレース分析などの詳細分析機能二アクセスが可能になります。

会費は、月額600円と年額6,000円のプランから選べます。支払い方法は、クレジットカードかPayPal(ペイパル)。無料会員にダウングレードしない限り、プレミアム会員は自動継続され、会費の自動課金されます。

まだ続けるかわからないので、とりあえず月額プランに入りました。

会員特典その1:ヒートマップ

ヒートマップは、自分がよく走る場所を可視化してくれる機能です。しくみはシンプルで、Stravaに記録されているすべての走行データを地図上にプロットし、走行頻度が高くなるほど赤く表示されます。

ちなみにぼくのヒートマップはこんな感じです。過去5年分の走行データを記録しているので、2014年まで住んでいた千葉県船橋市、そして今住んでいる埼玉県さいたま市が赤い(熱い)ですね。

その他、2012年に東京~浜松を7日間かけて走った東海道280キロの旅もしっかり記録されていました。面白い機能だけど、一度見たら使わないかな。

会員特典その2:目標を設定する

6週間後の11月13日(日)に「さいたま国際マラソン 2016」に出場するので、自己ベスト更新を目標にしてみます。過去に走ったコースやStravaで他の人が走ったコース(公開されているものに限る)から探してみると「第1回さいたま国際マラソン」のコースが見つかりました。

Stravaに登録されている最速タイムは2時間38分56秒。コースや高低差も確認できます。ただし、今年(第2回)はコースが変更されるので注意が必要です。

ちなみにぼくは去年の第1回大会に出場して、走行データも持っているので、最速タイムと自分のタイムを比較できます。スタートからゴールまでスクロールしていくと、地図上で場所も確認できます。

Stravaのいいところは、他のStravaメンバーの走行データを見れることです(公開しているものに限る)。さいたま国際マラソンの出場者には、Stravaユーザーが多いですね。ぼくは結構下のほうにいました(汗)。

2014年に静岡マラソンでマークした自己ベストを約3分縮め、3時間35分0秒を目標として設定しました。

達成締切まであと41日。もうあまり時間がないですね(汗)。

会員特典その3:ペース分析

プレミアム会員になるとランニングのアクティビティを細かく分析できるようになります。これは結構気に入りました。

会員特典その4:トレーニングプラン

そして最も期待していた「トレーニングプラン」は、トレーニングビデオが視聴できるというもの。

個人用にカスタマイズされたトレーニングプランが送られてくるのかと思い込んでいたので、正直ガッカリしました。

プレミアム会員の解約方法

今回はプレミアム会員の機能を2か月間使用しましたが、「トレーニングプラン」が期待外れだったのと、それ以外の機能に月額600円の価値を見出せなかったので、無料アカウントにダウングレード(=解約)することにしました。

「設定」>「マイアカウント」で今後更新をしない設定にすれば、次回更新時に自動的に解約されます。

今回は継続利用はしませんでしたが、個人的にはSTRAVAのヘビーユーザーなので、プレミアム会員の機能が充実してくれば、もう一度入会を考えようと思います。

関連記事

ランナーのための「Strava(ストラバ)」使い方・カスタマイズまとめ

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について