どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

STRAVAプレミアム(有料版)のメリットがよくわからない、という方のために、有料ならでのは特典をわかりやすく解説します。

プレミアムだと何がいいの?

個人的に「これは便利!」と思うのは、レース分析トレーニングプランビーコンの3機能。他の特典は、あってもなくても良いかなという感じです。

どんな人が使いこなせるの?

STRAVAを使ってレベルアップしたい人には、レース分析やトレーニングプランはお金を払う価値があると思います。

いくらかかるの?

月々600円(税込)から。月払いだと960円、年払いだと7200円。最初の30日間は無料トライアルで試せます。

便利機能1:レース分析

アクティビティのタイプを「ランニング>レース」にすると、レースのラップタイムやペース分布を自動的に分析してくれるツールです。

ハーフマラソンやフルマラソンだと5kmごとのラップタイムも出してくれるので、レースの振り返りに役立ちます。

便利機能2:トレーニングプラン

まだ完全に日本語化されていませんが、目標レース(5km、10km、ハーフ、フル)を設定すると、それに合わせたトレーニングプランを作ってくれる機能です。

日本ではベータ版扱いなので、日本の公式サイトにはリンクが載っていませんが、以下のリンクからアクセスできます。

参照:ランナー向けトレーニングプラン

トレーニングプランは、欧米では有名な McMillan Running(マクミランランニング)が提供。

McMillan Running は、伝統的なトレーニング ストラテジーを最新の運動科学と組み合わせた専門的なコーチングを提供しています。初心者からアマチュアランナー、ボストンマラソン参加有資格者、そしてオリンピック選手にいたるまで、McMillan Running は 1,000 万人以上のランナーのトレーニングの効率アップおよびレース結果の向上に貢献しています。

フルマラソンの場合は12週間のトレーニングメニューが組まれ、練習内容が毎日メールで届きます。体験談はこちらにまとめています。

便利機能3:ビーコン

ランニング中の位置情報を家族や友人などをリアルタイムで共有できる機能です。ひとりでランニングに出かけるのが心配な人は、ビーコンの設定してみましょう。

設定はスマホアプリから。ビーコン(Beacon)をONにして、連絡先とメッセージ文を設定すると、ランニング中の位置情報を共有できます。

基本的にはスマホのアプリでランニングを記録するときにビーコンが使えますが、対象のGARMIN機種と連携すれば、GPSウォッチでもビーコンが利用できます。

すべての特典内容一覧

以上、プレミアム会員だけが使える便利機能を3つ紹介しました。

プレミアム会員の特典は他にもまだまだあります。STRAVA公式サイトの情報をもとに、ランナーの目線でプレミアム会員の特典内容を整理してみました。

特典は「オンラインコーチ」「ライブ・フィードバック」「高度な分析ツール」「限定ディスカウント」の4つに分類できます。

1)オンラインコーチ

  • トレーニングプラン:5km、10km、ハーフ、フルの目標レースに向けて、自分専用のトレーニングメニューを組んでもらえる
  • フィットネス&フレッシュネス:過去1年間のフィットネス(健康)や疲労の状態をグラフで数値化・可視化することができる
  • 目標設定:週〜年単位での走行目標や Stravaの区間に対する目標タイムが設定でき、目標に対する進捗度合いが確認できる
  • トレーニングビデオ:動画7本が視聴可能。うちランニングで使えるのは3本のみ

この中で最も便利なのは「トレーニングプラン」ですが、現時点(2018年7月)では完全に日本語化されていません。

2)ライブ・フィードバック

  • ビーコン:ランニング中の位置情報を家族や友人など最大3人までリアルタイムで共有できる。アプリとGarmin GPSウォッチ(対象機種)のみ対応
  • ライブ区間:Stravaの区間(セグメント)を走っている最中に、自己ベストや他ユーザの記録と比較したデータが確認できる。アプリとGarmin GPSウォッチ(対象機種)のみ対応

ひとりで走るのが不安な方は、ビーコンで居場所を共有すれば安心です。

3)高度な分析ツール

  • 心拍数ゾーン分析:ランニングの後に心拍数の負荷レベルが確認できる
  • ペースゾーン分析:ランニングの後にペースゾーンの分布が確認できる
  • レース分析:5kmごとのスプリットなどレースの詳細な分析ができる
  • パーソナル・ヒートマップ:自分が過去に走ったルートをまとめて可視化できる

レース分析は、ぼくも結構活用しています。

4)限定ディスカウント

ランニング・サイクリングの関連サービスを会員割引価格で利用できる特典です。対象サービス一覧はこちら

米国だとスポーツ保険やニューバランスの割引クーポンなど魅力的なサービスがありますが、日本から使えるのはまだまだ限定的です。

以下は日本で使える限定ディスカウント。

  • McMillan:Greg McMillan 氏が科学的根拠に基づいて打ち立てたパーソナルランニングプランが一部無料で利用可能。さらに、毎月のパーソナルコーチングが 100ドルOFF
  • CTS:サイクリングトレーニングでおなじみの Carmichaelの4か月間のパーソナルコーチングプランが 199ドルOFF
  • Runcoach
    ランニングの有料トレーニングプランが最大50%OFF。
  • Science in Sport:エナジージェルなどのエイドをネットで注文すると無料サンプル(ジェル6個)プレゼント
  • Wiggle:サイクリング、ランニング、トライアスロングッズの世界屈指のオンライン販売店で最大20%OFF
  • Competitive Cyclist:サイクリング用品が最大20%OFF

参考までに、以下は米国で使える限定ディスカウント。

  • Sundays Insurance(日本未対応):スポーツ保険(事故や故障で50ドルの見舞金)、その他傷害保険、自転車保険、旅行保険などのディスカウント。
  • New Balance(日本未対応):ニューバランスのネット通販で最大20%OFF
  • Flywheel(日本未対応):屋内サイクリングクラスが初回無料、その他割引あり。
  • Audible(日本未対応):オーディオブックの最大手Audibleが最初の2か月間無料(通常1か月間)。
  • ShowerPill(日本未対応):ShowerPill の便利な抗菌仕様ボディシートが毎回5ドルOFFで注文可能

ウェブ・アプリからの利用

STRAVAには、ウェブ版とスマートフォン用のアプリ版がありますが、すべての端末で特典内容が使えるとは限りません。ウェブ版とアプリ版の対応状況をまとめておきます。

特典 パソコン モバイル
目標設定 ×
トレーニングビデオ
トレーニングプラン ×
フィットネス&フレッシュネス ×
ビーコン ×
ライブ区間 ×
心拍数ゾーン分析
ペースゾーン分析
レース分析 ×
ヒートマップ ×

プレミアム会員の料金

さて、気になるお値段ですが、STRAVAプレミアムは月々600円(税込)から利用できます。

月払いだと960円、年払いだと7200円。年払いの方が4320円分お得になります。

なお、初めて利用する方は、最初の30日間は無料トライアルで試せます。

この記事を読んで走りたくなったら

STRAVA(ストラバ)プレミアムの本当に役立つ3つの機能」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!