STRAVA(ストラバ)でユーザを「フォロー」する方法

STRAVA(ストラバ)でユーザを「フォロー」する方法|ともらん


作成| 更新

アスリートのための SNS

STRAVAのキャッチコピーは「アスリートのためのソーシャルネットワーク」。そのユーザの多くが、ランニングやサイクリングなど、何らかのスポーツを趣味にする人たちです。

公式ブログによると、STRAVAは究極的には運動オタク(sport nerd)のためのサービスを目指しているようですね。

FACEBOOKや TWITTERでもランニングのアクティビティを共有することはできますが、友達やフォロワーの全員が同じ趣味を持っている訳ではありません。

練習の様子やランニングの近況報告ばかり垂れ流していると「ウザい」と思われるらしいですね。

その点 STRAVAは「運動オタク」の集まりなので、趣味に没頭しても変な目でみられることはありません。

それでは、STRAVAの SNS機能をもう少し詳しく見ていきましょう。

プロフィールを管理する

プロフィール画面

まず最初に、自分のプロフィールを確認しましょう。

iPhone プロフィール
Android メニュー(左上)>プロフィール(アイコン)
PC メニュー(右上)>プロフィール(アイコン)>>MYプロフィール

STRAVAアカウントに登録した氏名、自己紹介文、フォロワー・フォロー数、投稿した写真、最近のアクティビティなどが表示されています。

プロフィール編集画面

次にプロフィールを編集してみましょう。

iPhone プロフィール>編集(左上)
Android メニュー(左上)>プロフィール(アイコン)>編集(右上)
PC メニュー(右上)>設定

ランニングの目的(レース、ダイエットなど)や、今の自分のレベル(サブ4など)を自己紹介文に書いておくと、自分がどんなランナーなのか相手に伝わりやすいです。

ユーザをさがす

プロフィールの確認が終わったら、次は STRAVAで気になるユーザをさがしてみましょう。

iPhone もっと>友達を見つける
Android 見つけて招待する(右上)
PC メニュー(上部)>探す>アスリート検索

友達をさがす

名前で検索したり、友達に招待メールを送ることができます。

スマートフォンの連絡先や FACEBOOKの友達リスト(連携が必要)からもさがすことができます。

プロアスリートをさがす

STRAVAには、優れたアスリートを認定する「プロアスリート」と呼ばれる制度があり、サイクリング、ロードランニング、トレイルランニングの第一人者たちが参加しています。

例えば、トレイル界の最高峰と言われる UTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)で3度の優勝経験を持つ François D’Haeneさんもプロアスリートとして登録しています。

ユーザをフォローする

STRAVAユーザをフォローするには、ユーザーのプロフィールページで「フォロー」ボタンをタップするだけ。

自分のプロフィールページに、フォローしているユーザの数が表示されます。

一度ユーザをフォローすると、自分のフィードにフォローしているユーザのアクティビティが表示されるので、プロフィールページを都度チェックする必要はありません。

François D’Haeneのような世界的アスリートをフォローすると、日々の練習風景を垣間見れて大変勉強になります!

アクティビティに「スゴイ!」する

フォローしたユーザのアクティビティに共感した場合は、スゴイ!(FACEBOOKの「いいね」みたいなもの)をするか、コメントを残すことができます。

プライバシー設定を確認する

逆にフォローされる側の立場として、勝手にフォローされたくない方は、プライバシー設定で「高度なプライバシー」を有効にすれば、相手がフォローする際に事前承認が必要となります。

プライバシー設定の詳しい解説はこちらにまとめています。

フォロワー募集中!

最近はリアルな世界で知らないランナーたちと STRAVAでつながることが多くなりました。

面識はなくても、アクティビティを眺めていると親近感を覚えます。また、ユーザの方たちが頑張っている様子を拝見すると、自分も「頑張ろう!」という気持ちになります。

ということで、フォロワーを募集しています。当ブログtomo.runに興味がある方、そして STRAVAでラン友を探している方は、遠慮せずにぼくのアカウントをフォローしてください。ぼくもフォロー返しします。

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。