STRAVA(ストラバ)の基本操作まとめ。登録から退会まで

STRAVA(ストラバ)の基本操作まとめ。登録から退会まで|ともらん

STRAVAを初めて使う方のために、アカウントの登録や初期設定、アクティビティの記録や編集など、基本的な操作をわかりやすく解説します。
作成| 更新

なぜ STRAVAがいいの?

フィットネス系アプリの中では、ユーザーエクスペリエンス(使い勝手)が素晴らしく、初心者でも直感的に使えます。簡易ブログ機能やソーシャル機能など、モチベーションを維持する仕組みあり。

どんな人におすすめ?

ランニング初心者から上級者まで。シンプルやミニマルなデザインが好きな方は、ひと目惚れすると思いますよ。

プライバシーは大丈夫?

公開範囲は細かく設定可能。完全非公開にすれば、ソーシャル機能を利用せず、自分だけの記録用としても使えます。

STRAVAにアクセスする

iPhone アプリをインストール
Android アプリをインストール
PC strava.comへ

STRAVAは、iPhoneとAndroidのスマートフォン(アプリ版)とパソコン(ウェブ版)から利用できます。

スマートフォンとパソコンでは、できることが異なります。アクティビティの記録や管理はスマートフォン、細かい設定やデータ分析などはパソコン、というふうに使い分けます。

STRAVAにログインする

iPhone アプリを開く
Android アプリを開く
PC strava.comへ

STRAVAにログインするには、次の3つアカウントが使えます。

  • メールアドレスでログイン
  • Facebookアカウントでログイン
  • Googleアカウントでログイン

初めてログインする場合は、氏名、生年月日、性別などの個人情報の入力を求められます。

ひとつ注意すべきは、氏名に実名を入れると知らないユーザにも見えてしまいます。匿名で使いたい場合はニックネームがおすすめです。ただ、Facebookと同じで、みなさん実名で使われている方がほとんどです。

プライバシー設定を確認する

iPhone もっと>設定>プライバシー
Android メニュー(左上)>設定>プライバシー
PC メニュー(右上)>設定>プライバシー

これ重要です。

STRAVAは「アスリートのためのソーシャルネットワーク」を強みにしており、ユーザ同士のつながりや情報共有が簡単にできます。

アクティビティデータの公開範囲は細かくカスタマイズできますが、デフォルトが「一般公開」になっています。

ソーシャル機能を使いたくない人、個人情報をさらけ出したくない人はプライバシー設定画面で「高プライバシーモード」をオンにしましょう。

プライバシー設定の詳しい説明はこちらをご覧ください。

ランニングシューズを登録する

iPhone 登録不可
Android 登録不可
PC メニュー(右上)>設定>マイギア

ランニングシューズを登録しておくと、シューズの替え時をメールで知らせてくれます。

シューズのブランドとモデル(例:ASICS DynaFlyte 2)を追加すれば登録が完了。「ランニング通知を許可する」にチェックを入れ、目標距離を設定しておくと、そのシューズでの走行距離が目標距離に近づくとメールで通知が届く仕組みです。

2足以上登録する場合は「デフォルト」のシューズを選びます。アクティビティを記録したり、GPSウォッチから自動的にデータを転送したりするときに、デフォルトのシューズが選択されます。

登録したシューズは、アクティビティの編集画面でスマートフォンからでも選ぶことができます。

表示設定を「キロ」にする

iPhone もっと>設定>測定単位
Android 変更不可
PC メニュー(右上)>設定>設定を表示

STRAVAは欧米で人気のサービスなので、距離表示は「マイル」、重量表示は「ポンド」が基本。ただし「キロメートル」「キログラム」に変更できます。

アクティビティを記録する

iPhone 記録>スタート
Android +ボタン(右下)>アクティビティを記録>スタート
PC +ボタン(右上)>マニュアルエントリーを追加

スマートフォンでは GPS機能を使ってアクティビティを計測することができます。

パソコンでは距離や時間などを情報を手入力で記録できます。

GARMINや SUNNTOなどの GPSウォッチを持っている方は、STRAVAアカウントに連携すればアクティビティを自動的に転送できます。GARMIN GPSウォッチと連携する方法はこちらにまとめています。

アクティビティを確認する

iPhone フィード>アクティビティを選択
Android フィード>アクティビティを選択
PC ダッシュボード>アクティビティフィード>アクティビティを選択

記録したアクティビティは、アクティビティフィードより確認できます。

アクティビティを選択すると、次の情報が確認できます。

  • 走行距離
  • 走行時間
  • 平均ペース
  • 獲得高度
  • 走行ルート(地図)
  • スプリット(1km毎)

有料版の STRAVAプレミアムに登録すると、以下の情報も見れるようになります。心拍数は別途、光学式心拍計を内蔵した GPSウォッチなどの計測機器が必要です。

  • ペース分析
  • ペース分布
  • 心拍数

アクティビティを編集・削除する

iPhone フィード>アクティビティを選択>編集
Android フィード>アクティビティを選択>編集
PC ダッシュボード>アクティビティフィード>アクティビティを選択>編集

アクティビティの編集画面から、アクティビティ名を変えたり、スポーツのタイプやシューズを選んだり、写真やメモを追加したりできます。

余談ですが、ぼくは STRAVAをランニング日誌として活用しています。メモ欄には、その日のコンディションや気づいたこと、周囲の写真などを保存しています。レース日誌としても使えますよ。

データをバックアップする

iPhone 操作不可
Android 操作不可
PC メニュー(右上)>設定>MYアカウント

STRAVAに記録した大切なデータは、まとめてダウンロードしてバックアップ保存することができます。

リクエストをダウンロード (任意):
アーカイブにはアクティビティ、写真、投稿、ルートその他が含まれます。すべての情報を送信するには、最大で数時間かかる場合があります。あらかじめご了承ください。ご本人以外によりアーカイブがダウンロードされることを防ぐため、ファイルへのリンクは(メールアドレス)に送信されます。

アカウントを削除する

iPhone 操作不可
Android 操作不可
PC メニュー(右上)>設定>MYアカウント

STRAVAのアカウントを削除したい場合は、案内に従って手続きを進める必要があります。一度削除すると復旧できないので、必ず事前にデータをバックアップしてください。

削除のリクエスト:
誤って、またはご本人以外によりアカウントが削除されることを防ぐため、メールでリクエストをご確認いただく必要があります。手順は(メールアドレス)に送信されます。

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。