Stravaの有料会員プラン「サブスクリプション」で出来ること

>

マラソンブロガーのともです。

Strava(ストラバ)が有料プランを刷新しました。2020年5月より、従来の「Strava Summit」の3つの有料パックが、月額525円〜の「サブスクリプション」に一本化。同時に、有料会員向けの特典内容も変わります。

この記事では、Strava(ストラバ)の有料会員プランである「サブスクリプション」について解説します。

Stravaの魅力

Strava(ストラバ)は、アスリートのためのソーシャルネットワークとして、世界中のランナーやサイクリストに支持されているサービスです。

ランニングやサイクリングのアクティビティを記録・管理・分析できるだけでなく、同じ趣味を持つランナーやサイクリストたちと繋がるSNS機能が充実しています。

また、個人的にはモバイルアプリのユーザーインターフェース(UI)が非常に優れているのも魅力。見ているだけでモチベーションが上がります。

僕は2013年にGarminのランニングウォッチ・デビューを果たし、2014年からStravaを利用しています。Garmin Connectでもアクティビティは確認できますが、データ連携してStravaで一元管理しています。

データ連携やSNS機能は無料で使えますが、目標管理や分析機能など有料メニューに登録する必要があります。ちなみに僕は2015年から有料会員です。

Stravaの有料プランはもともと1つだけでしたが、2018年8月に「Strava Summit」という3つの有料プラン(パック)が導入されました。ユーザにとって分かりづらかったのか、2020年5月より「サブスクリプション」という新名称で1つの有料プランに戻りました。

サブスク導入で変わったこと

まず、有料プランがシンプルになりました。

これまでは、有料会員に登録する際に3つのパックから自分に合ったものを選ぶ必要がありました。

新しい「サブスクリプション」では、年額6300円のプラン1本になります。有料会員か、無料会員か、選択肢がシンプルになりました。支払方法は、これまでどおり「年払い」と「月払い」の2つから選べます。

次に、有料会員向けの特典内容が変わりました。

これまで無料会員でも使えた以下の機能が、有料会員だけが使える特典になります。内容としては、Stravaの最大の強みである「ルート情報」に関する機能が有料化した形ですね。

  • セグメントの全体リーダーボード(トップ10までは無料)
  • セグメントエフォートの比較、フィルタリング、分析機能
  • strava.comでのルート作成機能(改良されたマップとセグメント対応)
  • ランニングマッチ:同一ルートでのランニングのパフォーマンス分析
  • Androidとウェブのトレーニングログ
  • 月毎のアクティビティの傾向チェックと比較

有料会員と無料会員で使える機能は以下のとおりです。

機能 有料会員(サブスクリプション) 無料会員
アクティビティの記録 ✔︎ ✔︎
デバイス連携 ✔︎ ✔︎
SNS機能 ✔︎ ✔︎
ルート作成 ✔︎
セグメントのランキング ✔︎
トレーニングダッシュボード ✔︎
心拍数とパワーデータの分析 ✔︎
アクティビティの詳細データ ✔︎
目標設定 ✔︎
トレーニングログ ✔︎
エフォートの比較 ✔︎
Beacon ✔︎
パーソナルヒートマップ ✔︎
パートナー企業特典 ✔︎
プレミアムサポート ✔︎

無料で使える機能

Stravaの基本的な機能である、アクティビティの記録、デバイス連携、SNS機能は引き続き無料で利用できます。

以下の内容で満足できれば、有料プランの「サブスクリプション」に登録する必要はありません。

  • モバイルアプリでアクティビティで記録したい
  • ランニングウォッチで記録したアクティビティをStravaで管理したい
  • 同じ趣味のStravaユーザと繋がりたい

有料で使える機能

サブスクリプションに登録して使える機能は以下のとおりです。

  • ルート作成 – Stravaに蓄積されたアクティビティから、自分だけのルートを作成できる
  • セグメントのランキング – お気に入りの道やトレイルで、友人たちの成績と比較できる
  • トレーニングダッシュボード – トレーニングの進捗や効率が確認できる
  • 心拍数とパワーデータの分析 – トレーニングの負荷が分析できる
  • アクティビティの詳細データ – レースなどの詳しい分析が確認できる
  • 目標設定 – 目標を設定して進捗が確認できる
  • トレーニングログ – トレーニング状況を直感的に把握できる
  • エフォートの比較 – 同じルートで過去のトレーニングデータと比較できる
  • Beacon – 家族や友人に現在地とルートの詳細を共有できる
  • パーソナルヒートマップ – これまでに訪れたすべての場所を視覚化できる
  • パートナー企業特典 – トップブランドのディスカウントが受けられる
  • プレミアムサポート – Summit専門スタッフによるサポートが受けられる

僕が個人的に重宝している機能は、「心拍数とパワーデータの分析」「アクティビティの詳細データ」「トレーニングログ」「エフォートの比較」あたりですね。

また、公式には日本ではサポートされていないようですが、プロのコーチが監修した「マラソントレーニング機能」も有料会員限定の特典の一つです。

登録・解除する方法

有料プランが「サブスクリプション」に一本化されたことで、登録方法もシンプルになりました。

初めて利用する場合は、60日間の無料トライアル(無料体験)が利用できます。

ただし、無料トライアルを利用するにはクレジットカードまたはPayPal(ペイパル)の登録が必要。無料トライアル終了後は、自動的に有料プランへ移行します。

有料プランの支払方法は「年払い」と「月払い」から選べ、年払いのほうが34%もお得な料金設定になっています。

  • 年払い – 年額6300円、月額525円相当
  • 月払い – 月額800円

解約については、設定>Myアカウントのページから手続きを行います。

もともと「Strava Summit」の有料会員だった僕のMyアカウントページでは以下のとおり表示されています(2020年5月時点)。まだ「Strava Summit」の料金(年額5000円)が残っていますね。

まとめ

以上、Strava(ストラバ)の有料会員プランである「サブスクリプション」について解説しました。

Strava(ストラバ)が有料プランを刷新しました。2020年5月より、従来の「Strava Summit」の3つの有料パックが、月額525円〜の「サブスクリプション」に一本化。同時に、有料会員向けの特典内容も変わります。

ちなみに、僕のStravaアカウントはこちらです。