ストラバの有料プラン Strava Summit【徹底解説】おすすめは「トレーニング」パック

2018.10.26 > 

2018年8月より、ストラバの有料プランが Strava Summit(ストラバ サミット)として生まれ変わりました。
Strava Summitに登録すると、無料プランにはない、魅力的な特典・機能が利用できるようになります。「トレーニング」「セーフティ」「アナリシス」の三つのプランを個別に、または組み合わせて登録できるので、本当に必要な特典・機能だけに絞ることが可能です。
初めての方におすすめなのは、目標達成に特化した「トレーニング」パック。心拍数データも活用したいなら分析に特化した「アナリシス」パックも付け加えると良いでしょう。
ストラバ利用歴4年以上の僕が、Strava Summitの特典や機能、料金体系や登録・解約の方法について、わかりやすく解説します。

Strava Summitとは?

Strava Summit(ストラバ サミット)は、ストラバの有料プランです。Summitは英語で「頂上」「極点」の意味。

すべてのアスリートには目標があります。Summit はその目標に近づくために設計されたツールです。月々 ¥208 で自分に適したパックを、またはお得な全 3パックですべての機能をご利用ください。(公式サイトより)

Strava Summitは2018年8月に誕生しました。それまでは、Strava Premium(ストラバ プレミアム)という有料プランが存在していましたが、そちらの特典が三つに分割され、Strava Summitとして生まれ変わりました。

Strava Summitのパック


Strava Summitには、以下の3つのパックがあり、自分に合ったパックに登録することができます。

それぞれ特徴を見ていきましょう。

トレーニング

特徴は、目標を達成するためのツールと情報がひと通り揃っていること。「レース分析」や「区間エフォート」など分析系のツールも含まれています。Stravaを使って目標に近づいていきたい人におすすめです。

スマートにトレーニングを行い目標を達成するために必要なツールと情報。次のレースに照準を合わせた目標でも日常的な体力向上でも、このパッケージがあれば達成できます。(公式サイトより)

「トレーニング」のパックに含まれる機能は次のとおり。

セーフティ

特徴は、GPS位置情報をスポーツに最大限に活用していること。ひとりでランニングするのは不安な方におすすめです。

みんなが安心できる Beacon を使用して、新しい道やトレイルをさらに探索。Beacon のトラッキング機能で緊急連絡先と現在位置をリアルタイムに共有、自分だけのヒートマップでこれまで訪れた場所を確認。(公式サイトより)

「セーフティ」のプランに含まれる機能は次のとおり。

アナリシス

特徴は、スポーツをより科学的なアプローチで分析すること。心拍数モニターを使っている人におすすめです。

専用の GPS デバイスや心拍数モニタ、パワーメーターからさらなる情報を取得することができます。接続したデバイスのデータを解析して最大限に利用できます。(公式サイトより)

「アナリシス」のパックに含まれる機能は次のとおり。

料金体系

Strava Summitの料金は、次のとおりです。「トレーニング」「セーフティ」「アナリシス」はそれぞれ月額300円。
3つが一緒になった「3パック」だと月額800円。最大で16%お得になります。

パック 月間 年間
トレーニング 300円 2,500円
セーフティ 300円 2,500円
分析 300円 2,500円
3パック 800円 6,300円

登録するパック数の月額と年額も比べてみました。年額支払いだと、月額に比べて最大で34%もお得になります。

パック(数) 月額 年額
1 3,600円 2,500円
2 7,200円 5,000円
3(パック料金) 9,600円 6,300円

登録・解約方法

登録する方法

Strava Summitの登録方法は3つあります。そして、登録方法によって支払方法も異なります。

「アップグレード」を選択すると登録画面へ

基本は自動更新

STRAVAサミットは一度登録すると、申請しない限り、自動的に更新を繰り返すしくみになっています。
無料トライアル終了後も、事前に解除申請をしない限り、自動的に有料プランへ移行します。

解約する方法

アカウント情報のページで、STRAVAサミットを「自動更新しない」に設定します。無料トライアル中に自動更新をオフにしておけば、課金は一切されません。
自動更新をオフにする方法は、登録した方法によって異なります。

おすすめのパック

以下は、Strava Summitのパックの特典・機能のまとめです。

プラン 特徴 こんな人におすすめ
トレーニング 目標を達成するためのツールと情報(基本的な分析ツールも含む) Stravaを使って目標に近づいていきたい人
セーフティ GPS位置情報をスポーツに最大限に活用 ひとりでランニングするのは不安な人
アナリシス スポーツをより科学的なアプローチで分析 心拍数モニターを使っている人

個人的には、「トレーニング」と「アナリシス」の2パックで充分という結論に至りました。
Strava Premiumの時代から、レース分析やトレーニングプランは重宝してきたので「トレーニング」パックはマスト。さらに、心拍数データを使った分析があると便利なので「アナリシス」も必要。
一方で、ビーコンやヒートマップは使わないので、僕の場合「セーフティ」パックは不要です。
支払いは1プランにつき、年額2500円を選択。2プラン合わせて、年間で5000円の支出となります。
STRAVAメンバーシップ管理画面

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事