ストラバ(Strava)が2018年の統計データを公開。ユーザ数は3600万人に

ストラバ(Strava)が2018年の統計データを公開。ユーザ数は3600万人に|ともらん

ストラバ(Strava)に記録された数十億ものランニング・サイクリングのアクティビティを分析した、ストラバの年間統計データ。データから読み取れるトレンドをご紹介します。
作成| 更新

アスリートのためのソーシャルネットワーク(SNS)として揺るぎない地位を築きつつあるストラバ(Strava)が、2018年の年間統計データを公開しています。

参照:Strava Year in Sports 2018 (PDF)

世界195カ国にいる約3600万人のストラバユーザのほとんどが、ランナーかサイクリスト。2018年には 66億マイル(105億km)分の移動が記録され、36億個のいいね(kudos)がつけられました。

僕は日々のランニングをガーミンGPSウォッチで計測していますが、走行距離やペース、心拍数などのアクティビティデータは、すべてストラバに転送して管理しています。

最近話題の「ビッグデータ」の最先端をゆくストラバ。2018年の年間統計データを詳しく紹介します。

ストラバ 2018年の統計データ

ランニングの平均走行距離は8.16km

2018年に記録されたランニングアクティビティの数は約2億4千万。前年と比較して 46.2%も増えています。1ユーザあたり、年間で30アクティビティを記録している計算になります。

1ランニングアクティビティあたりの平均値:

  • 走行距離:8.16km
  • 走行時間:49分49秒
  • 走行ペース:6分7秒

*1マイル=1.6km換算

ランニングの平均走行距離は35.0km

2018年に記録されたサイクリングアクティビティの数は約2億8千万。前年と比較して 21.9%増加。1ユーザあたり、年間で34アクティビティを記録している計算になります。

1サイクリングアクティビティあたりの平均値:

  • 走行距離:35.0km
  • 走行時間:1時間37分46秒
  • 走行ペース:時速21.6km

*1マイル=1.6km換算

ランニングアクティビティが最も多かった日は9月16日

全世界で記録されたアクティビティを日別で見ると、ランニングは2018年9月16日に、サイクリングは5月6日に、最も多くアップロードされたそうです。

9月16日といえば、エリウド・キプチョゲがマラソン世界記録を更新した《ベルリンマラソン》が開催された日。僕もその場にいました!

関連記事:《ベルリンマラソン》完走レポート:世界最速コースで自己ベストを更新

他にも同日に、南半球で最も人気の高い《シドニーマラソン》が開催されています。

ちなみに日本でアクティビティが最も多かった日は、ランニングが9月16日、サイクリングが5月6日でした。

「クラブ」登録でアクティビティが3倍増に

ストラバには25万以上もの「クラブ」という名のコミュニティが存在しますが、クラブに登録した人は、そうでない人に比べて3倍も多くアクティビティを記録しているそうです。

世界で最も人気のセグメント

ストラバでは人気のセグメント(区間)でタイムトライアルに参加できる機能があります。2018年に全世界で最も多くの人が参加したセグメントは次のとおり。

ちなみに日本ではランニング、サイクリング共に、鳥取県米子市のセグメントが最も人気でした。

ストラバで人気のセグメント
ストラバで人気のセグメント

絵文字を入れると、いいねが2倍に

全世界で最も人気の絵文字は、ランナーの絵文字。日本では音符の絵文字(♪)が最も使われていたとのこと。

ちなみに、アクティビティのタイトルに絵文字を入れると、いいね(kudos)が2倍増になるそうです!

ストラバで人気の絵文字
ストラバで人気の絵文字

目標を設定すると、アクティビティが約15%アップ

ストラバで目標(Goal Setting)を登録した人は、そうでない人に比べてアクティビティの数が増えるそうです。サイクリングは15.1%増、ランニングは14.7%増。今すぐ目標を設定しましょう!

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。