真夏のランニングは、時間帯・短時間・日陰を意識して走ろう!

夏に走り込んでおけば、秋冬のマラソンシーズンに向けて成長できます。しかし暑い中でモチベーションを維持するのは大変。そこで、夏場は時間帯・短時間・日陰を意識して走るのがおすすめです。

この記事では、暑い夏でも快適にランニングが楽しめる工夫を紹介します。

涼しい時間帯に走る

xxxx

天気予報で「明日の最高気温は38度です」や「観測史上最高気温を記録しました」などのコメントを聞くと、走るモチベーションが下がります。家族からは「こんな暑い時に走ると倒れるよ」と脅されたりもするので、なおさらです。

しかし、最高気温に達するのは正午から15時頃までの限られた時間帯だけです。この時間帯を避けて走れば、真夏でも快適に走ることができます。

おすすめは早朝。6時〜7時台であれば真夏でも涼しいですし、朝イチで走れば一日を有効に使えます。夏は朝にシャワー浴びる人も多いと思います。いつもより30分〜1時間早く起きて、走ってからシャワーを浴びれば一石二鳥です。

僕みたいに早起きが苦手な人は、夕方以降に走るのが良いでしょう。ただし、真夏だと17時〜18時台でも暑いので、日が沈んだ夜間がおすすめです。僕は通勤ランを活用して、平日は19時〜21時の時間帯で走るようにしています

練習は短時間ですませる

中には「どうしても日中でないと時間が取れない!」という人もいると思います。そういう人には、短時間で集中的に走り込み、早めに練習を切り上げることをおすすめします。

ぼくは日中に走るときは、なるべく「インターバル走」を取り入れるようにしています。ウォームアップで10分、200メートルのインターバル5本で10分、クールダウンで10分、合計30分でがっつり練習ができてしまいます。

最近は、インターバル走よリもさらに短時間でできる「階段トレーニング」を練習に取り入れています。

要するに、屋外にいる時間を極力短くするのがポイントです。

直射日光を避けながら走る

xxxx

それでも長時間走りたいという人は、日が当たりにくいコースを探して走ると良いでしょう。近くに木の生い茂った公園や緑道があれば、周回したり、往復したり工夫することで長時間走り続けられます

市街地であれば、建物の影を上手く利用すると、直射日光を避けながら走れたりします。特に日が傾き始める16時〜18時。真夏であればまだまだ暑い時間帯ですが、西側から日が差すので、南北に伸びる道路の左側の歩道を走れば、建物の影になって意外と涼しく走れます。

まとめ

以上、暑い夏でも快適にランニングが楽しめる工夫を紹介しました。

夏に走り込んでおけば、秋冬のマラソンシーズンに向けて成長できます。しかし暑い中でモチベーションを維持するのは大変。そこで、夏場は時間帯・短時間・日陰を意識して走るのがおすすめです。

カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ

他にも「熱中症対策」に関連する記事がおすすめです!