読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

シドニーハーフマラソン【ブログレポート】アップダウンが多過ぎて撃沈!

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

2019年5月19日にオーストラリアのシドニーで開催された、シドニーハーフマラソン(Sydney Half Marathon)に参加してきました。

シドニーでは2016年9月に「シドニーマラソン」を完走しました。今回は出張で1週間シドニーに滞在し、そのついでにレースに参加した次第です。

シドニーの市街地を巡るコースは予想以上にアップダウンが激しく、撃沈レースとなってしまいました。完走タイム(ネット)は、1時間28分49秒。しかし、気持ちを切り替えてシドニーの風景を楽しみながら走れたので良かったです。

それでは、「シドニーハーフマラソン」の様子をご紹介します!

同僚に誘われて

シドニーへの出張が決まると、シドニーオフィスで働いている同僚からメールが届きました。

ともはマラソンやってたよね。シドニーに来たら、「シドニーハーフマラソン」を走らないかい?俺は参加するよ。

公式サイト(英語)をチェックしてみると、まだエントリーを受け付けていました。せっかくお誘いいただいたので、参加することにしました。

EXPO会場でナンバーカードをゲット

海外から参加する場合、ナンバーカードの事前送付はありません。レースの前々日〜前日に開催されるEXPO会場でピックアップする必要があります。

というわけで、金曜日の早朝にEXPO会場へ足を運びました。場所は、ダーリングハーバーにあるシドニー国際会議場(ICC)の4番ホール。

オープン間もないので人はまばらでした。受付カウンターで氏名を告げると、ナンバーカードの入った袋を手渡されました。

「え?これだけ?!」正直、そんなリアクションです。計測チップが見当たりませんでしたが、ナンバーカードの裏に貼り付けてありました。

一応、出展ブースもありましたが時間に余裕がなかったのでスルー。

EXPO会場を後にしながら、「あれ、安全ピンがない?!」と思い、引き返しました。受付で申し出ると、安全ピンを貰えました。申請しないと貰えない仕組みなんですね。日本の常識が通じると思ってはいけないですね。

朝6時45分スタート

海外マラソンの多くは、驚くほど早い時間からスタートします。2016年に参加した「シドニーマラソン」は、朝7時スタート。

「シドニーハーフマラソン」は、朝6時45分からのスタート。走り終えてもまだ8時台。一日を有効に使えるので悪くないですね。道路封鎖の影響も最小限に抑えられそうですし。

今回はハイドパーク付近のホテルに宿泊したので、荷物の預け入れは使いませんでした。

簡易トイレは長蛇の列。これは世界共通の現象ですね。

目標タイムを1時間25分以下で申請したら、スタートブロックは一番先頭のブロックでした。スタートラインまでのタイムロスは10秒ほど。

アップダウンが多くて撃沈

「シドニーハーフマラソン」のコースは、予想以上にアップダウンが多くて苦戦しました。

市の中心部にあるハイドパークからスタートし、ダウンタウン、ハーバーブリッジ、ダーリングハーバーを経てプリモントで折り返し。再びダウンタウンに戻り、王立植物園をぐるりとまわってからハイドパークでフィニッシュします。

以下はストラバのアクティビティです。クリックするとコースの詳細が確認できます。

コースのハイライト

2kmあたりで、ザ・ロックス(The Rocks)という古い建物が残るエリアを通ります。石造りの倉庫が有名です!

3kmあたりで、ハーバーブリッジ(Harbour Bridge)の下を通過します。真下で見るとその大きさに圧倒されます!

7kmを通過すると、プリモント(Prymont)と呼ばれる湾岸エリアに入ります。白い建物はシドニーの国立海洋博物館です。

13kmの先でプリモントからダウンタウンへ戻ります。橋の上からは朝焼けのダーリングハーバー(Darling Harbour)が綺麗に見えました。

15kmから傾斜のきつい上り坂があり、一気にハーバーブリッジまで上がります。ちょうど坂の途中で、85分のペーサーに抜かれてしまいました。1時間25分切りは諦め、1時間30分切りを目指すことにしました。

18kmあたりでフィニッシュ地点のハイドパークに戻ります。「このままゴールしたい」と思いながら、スルーして王立植物園(Royal Botanical Garden)へ。

ラスト3kmは緑豊かな王立植物園の中を駆け抜けます。州立美術館の前を通り過ぎれば、ゴールまであと少し!

レースの後で

予想以上にアップダウンの多いコースでとてもタフなレースでした。完走タイム(ネット)は、1時間28分49秒。90分切りは達成できましたが、自己ベストに比べるとダメダメな結果です。

まあでも、シドニーの風景を楽しみながら走れたので良しとします。

まるで八百屋さんみたいなブースでバナナをいただきました。

さいごに

レースの様子を動画レポートにもまとめました。あわせてご覧ください!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run