「アシックス」の記事一覧

日本を代表するスポーツブランド、アシックス(ASICS)のランニングシューズの最新情報を紹介。初心者から上級者までに人気のモデルを自腹で購入し、実体験に基づく忖度なしで評価する。”ともらん”のおすすめは、自己ベストを狙いやすい「メタスピードスカイ」。

アシックス ゲルカヤノ29

2022年8月に発売されたアシックスの「ゲルカヤノ29」を紹介する。前モデルからミッドソールの厚みが増し、クッショニングが「FF BLAST Plus」にアップデート。その履き心地には感動した。続きを読む

アクティブリーズ半袖シャツ

吸汗速乾性と通気性を極限までに高めたアシックスの「アクティブリーズ半袖シャツ」を紹介する。気温36℃で1時間走っても、肌にベタつかず快適な着心地をキープ。暑い夏のランニングの必需品になりそう。 続きを読む

アシックス GT-2000 10

アシックスの定番ジョギングシューズ「GT-2000」の最新作。2022年2月発売。走行安定性が極めて高く、初めてアシックスのシューズを履くランナーにおすすめ。続きを読む

アシックス PRO-FIT ダブルタブソックス

今回新たに購入したのは、アシックスの「PRO-FIT ダブルタブソックス」というミッドソックス。全体的に生地に厚みがあり、各所にパイルクッションを配置することでランニングシューズとのフィット感を高めているのが特徴だ。続きを読む

アシックス メタスピード スカイ(第1世代)

2021年4月に発売されたMETASPEED SKY (メタスピード スカイ)は、アシックスのトップアスリート向けのランニングシューズ。カーボンプレートを搭載し、前足部のクッションに厚みを持たせることでストライド(歩幅)を大きく伸ばせるようにしている。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

アシックス メタレーサー

2020年6月に発売されたMETARACER(メタレーサー)は、高速レースにも対応できるアシックスの最速級ランニングシューズ。走行効率を追求したガイドソール・テクノロジーにカーボンプレートを搭載することで大幅な軽量化に成功。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

アシックス エボライド

2020年2月に発売されたEVORIDE(エボライド)は、長い距離をラクに走るために開発されたアシックスのランニングシューズ。ガイドソールと呼ばれる弓形のソールデザインにより、頑張らなくても自然と足が前に出る。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

アシックス メタライド

2019年2月に発売されたMETARIDE(メタライド)は、アシックスの次世代のランニングシューズ。アシックススポーツ工学研究所が生み出した革新的なソールデザインを採用し、長距離を走っても疲れにくい走り心地を実現。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

アシックス ダイナフライト3

2018年8月に発売されたDYNAFLYTE 3(ダイナフライト 3)はアシックスの人気ランニングシューズ。バランスのとれたオールラウンダーで、スピードランからスロージョグまで快適に走れる。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

アシックス ダイナフライト2

2017年8月に発売されたDYNAFLYTE 2(ダイナフライト 2)は、アシックスの万人向けランニングシューズ。初代DYNAFLYTEから随所に進化が見られ、ジョギングからインターバルまで幅広いシーンに対応できる。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

popular

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。