「ソックス」の記事一覧

1 2

ミムラボ 超薄型ランニングソックス:裸足に近い靴下

ミムラボ(M.Lab)は、伝説のシューズ職人の異名を持つ三村仁司さん率いるシューズ工房。ミムラボが作った超薄型ランニングソックスは「限りなく裸足に近い靴下」をコンセプトのとおり、足本来の機能を覚醒させてくれる1足だ。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

アシックス PRO-FIT ダブルタブソックス

今回新たに購入したのは、アシックスの「PRO-FIT ダブルタブソックス」というミッドソックス。全体的に生地に厚みがあり、各所にパイルクッションを配置することでランニングシューズとのフィット感を高めているのが特徴だ。続きを読む

DANISH ENDURANCE:汎用性が高いランニングソックス

DANISH ENDURANCE(ダニッシュ・エンデュランス)は、北欧デンマーク生まれのスポーツウェアの新興ブランド。ダニッシュは英語で「デンマークの〜」を意味するが、カタカナにするとなぜかダサく感じるのは僕だけだろうか。 今回購入したのは、フルマラソンやハーフマラソンなど長距離走向けのランニングソックス。黒を基調としたデザインはダサくないどころか、とても洗練されている。さすが北欧デザイン。本国デンマークで設計され、ヨーロッパの工場で製造されているだけある。続きを読む

feetures ELITE:米国トップシェアのランニングソックス

フィーチャーズ(feetures)という、アメリカで人気のランニングソックスを履いてみた。アーチサポートや速乾性・通気性といった機能面で優れているだけでなく、肌触りやフィット感も素晴らしい。特にくるぶしの部分をくり抜いた独特な構造が、未だかつてない絶妙な履き心地を生み出している。続きを読む

RxL Type-G:足指までフィットするランニングソックス

アールエル(RxL)のランニングソックスは、特許技術の「超立体製法」により、足全体はもちろん、指先までピタリとフィットする。僕は数年前から愛用しているが、この度スタンダードモデルの「Type-G」を新たに入手したので、フィット感や履き心地を紹介する。続きを読む

CW-X 5本指ショートソックス:疲労を軽減するランニングソックス

コンプレッションタイツで有名なCW-X(シーダブリューエックス)がランニングソックスを作っているのは少し意外だった。ただコンプレッションタイツと同じテーピング原理をランニングソックスにも応用しているわけなので、同社の強みを生かした派生商品とも言える。 CW-Xの「5本指ショートソックス」は履くだけで足の疲労を軽減し、足首を保護してくれる。実際にフルマラソンで使ってみたが、レース終盤もしっかりとサポートしれた。続きを読む

足王レーサー5本指:テーピング補強のランニングソックス

マラソン大会の出典ブースでファイテンのランニングソックス「足王 レーサー5本指」を見つけた。テーピング技術を生かしている点に興味を持ち、試しに買ってみたので紹介する。実際に使ってみるとランニングソックスの上からテーピングを施しているような感覚で足首が固定され、着地が安定する。続きを読む

On Mid Sock:伸縮自在なランニングソックス

On(オン)のランニングシューズが好きなら、ぜひランニングソックスも試してほしい。今回紹介するOnの「Mid Sock(ミッド ソックス)」は伸縮性に優れたランニングソックス。見た目は二回りぐらい小さいサイズなので「本当に足が入るの?」と驚くレベル。 続きを読む

1 2

popular

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。