高根沢元気あっぷハーフマラソン。【エントリー】する前に読みたい【完走レポート】

最終更新日:

毎年1月に栃木県の高根沢町で開催される「高根沢元気あっぷハーフマラソン」の魅力をご紹介。ハーフマラソンの特徴やコース、会場の様子など、実際に参加しないと分からない情報をまとめました。

この記事のもくじ

高根沢元気あっぷハーフマラソン。【エントリー】する前に読みたい【完走レポート】

2019年1月13日(日)に開催された「高根沢元気あっぷハーフマラソン」に参加しました。年明け早々にハーフを走りたいな…と思って見つけた大会がこれでした。

高根沢元気あっぷハーフの特徴

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」は、毎年1月に栃木県塩谷郡塩谷郡高根沢町で開催される大会。種目はハーフマラソン、10km、5km、2kmがあります。

特徴は3つあります。

❶ 年明け早々に走れるハーフマラソン

2019年は1月13日(日)に開催されました。新しい年の始めに心機一転を図るにはちょうど良いレースです。

❷ 箱根駅伝の選手と走れるレース

今年は青山学院大学と東海大学の二校が招待され、スタートラインの最前列に並んでいました。まあ、速すぎて一緒に走れるわけではないんですけどね。

❸ フラットコース

自動車道と田んぼ道(アスファルト)を通るコースは、アップダウンがほとんどなく、自己ベストが出やすいコースです。ハーフマラソンは日本陸上競技連盟公認コースでもあります。

高根沢元気あっぷハーフのコース

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」は、高根沢町町民広場陸上競技場をスタート・ゴールとし、高根沢町をぐるりとまわるコース。高低差がほとんどないフラットコースです。


公式サイトより

以下はストラバのアクティビティ。クリックするとコースの詳細が確認できます。

以下はリライブ(Relive)の動画。再生するとマラソン実況中継風にコースが確認できます。

Relive ‘Takanezawa Half Marathon’

高根沢元気あっぷハーフのスタート会場

レース当日のスケジュールは次のとおり。

  • 7:30 起床
  • 8:00 朝食
  • 9:15 宿泊先を出発
  • 9:40 大会会場に到着
  • 10:40 スタート

今回は、大会会場から車で15分ほどの場所にある「高根沢元気あっぷむら」というレジャー施設で前泊しました。

ちなみに「高根沢元気あっぷむら」は、「高根沢元気あっぷハーフマラソン」の主催者ではないようです。13km地点を過ぎたあたりで通過はしますけどね。

駐車場へ

大会専用の駐車場に車を置いていきます。

駐車場から大会会場までの距離は2km弱。無料のシャトルバスも出ていますが、僕はウォームアップ代わりに走って向かいました。

大会会場

大会会場(スタート・ゴール)は、高根沢町町民広場陸上競技場

住所:高根沢町大字石末1785番地

スタートの1時間前に大会会場に到着。ちょうど10kmの部のランナーがゴールの陸上競技場でフィニッシュしているところでした。

無料の荷物預り所がありますが、荷物は車に置いてきたので今回は利用しませんでした。

選手集合

スタート地点は陸上競技場ですが、10kmの部がまだ終わっていないため、ハーフマラソンの部のランナーは、隣の野球場に集合します。

目標タイム別に整列します。1時間20分以内はさすがに自身がないので、1時間20分〜1時間40分の列に加わりました。

スタート10分前に陸上競技場へ移動し、よーいどん!

高根沢元気あっぷハーフのレース本番

ハーフマラソンを走るのは、2018年11月18日に参加した「上尾シティマラソン」以来。12月に右足首を捻挫しており、今回は怪我から6週間後の「復帰レース」となります。

スタート〜13km

今回は自己ベストを狙わずに、平均ペース4’00/km以下を目標に掲げました。

最初の1kmは4’08。思ったより好調なのでペースアップしました。それから13kmまでは4’00/kmジャストかそれより速いペースが維持できました。特に6〜10kmは3’50/km前後と絶好調。

以下は5km付近の様子。基本的には自動車道か田んぼの道(アスファルト)を走ります。

以下は13km付近の様子。この先に前泊した「高根沢元気あっぷむら」があります。娘たちがハイタッチをしてくれました。

レース中の補給食は1回のみ。8km地点で先日購入した「ハニーアクションエナジー」を摂取。

14km〜ゴール

「高根沢元気あっぷむら」を通過すると、急に体力とモチベーションがガクッと下がります。

前半で飛ばし過ぎたからなのか、4’00/kmアンダーでは体力が持たない…。徐々にペースダウンし、ラップタイムが最も遅かった16kmでは4’06/km。前半で追い抜いたランナーにどんどん抜かれていきます。

13km〜16kmは風が強かったのもペースダウンの要因のひとつ。遮るものがまったくない田んぼのど真ん中の道を走るので、横からの風をモロに受けます。

17km以降、自動車道に戻ると風も止みました。同時にペースも4’00/kmジャストに戻りました。以下は17km付近の様子。

20km地点で時計を見ると、1時間19分50秒。ラスト1kmを頑張れば、1時間24分は切れるはず!ということで、気合を入れて走りました。

予想通り、フィニッシュタイムは1時間23分38秒。目標の平均ペース4’00/km切りも何とか達成できました。

高根沢元気あっぷハーフのゴール会場

ゴールした後は、計測チップ返却→水分補給→記録証受け取りと進んでいきます。

いつもならゴール会場でご当地グルメを楽しむのですが、この日は夕方に親知らずを抜歯するため、急いで帰宅する必要がありました。

クールダウンを兼ねて駐車場まで走ろうかと思いましたが、運よくシャトルバスが停まっていたので飛び乗りました。

5分ほどで駐車場に到着。それから「高根沢元気あっぷむら」で家族を迎えに行き、そのまま東北自動車道で帰宅しました。

家に着いてから、参加賞をもらうのを忘れていたことに気が付きました…。

まとめ

今年は年明け早々にレースを入れてみました。「高根沢元気あっぷハーフマラソン」は、1月のわりには暖かく、コースはフラットで走りやすいレースでした。

今回使用したギアは以下のとおり。

ランニングシューズは、先週購入したばかりの「ニューバランス HANZO V2(ハンゾーV2)」をレース本番で使用してみました。ひと言でいうと、足指の感覚が研ぎ澄まされるシューズ。地面をしっかり捉えてくれるので、走りをコントロールしやすいのが特徴ですね。