ランネット連携。オクトーバーランの必須アプリ「TATTA」をインストールしてみた

Garmin(ガーミン)

遅ればせながら、、「オクトーバーラン 2016」にエントリーしました。

オクトーバーランとは

ランネット社が主催する「10月走り込み」企画です。10月と言えばランニングシーズン真っ只中。年末にかけて全国各地で大会があるので、まさに練習強化月間といえるでしょう。

参加方法はいたってシンプル。

  • エントリーはランネットから(無料)
  • GPSトレーニングアプリ「TATTA」を使って計測
  • 10月1日~31日の間に走った距離を全国のランナーとWEB上で競う

ランニングアプリ「TATTA」が秀逸

ランネットがこんなアプリ出していたんですね。知らなかった。しかもこれが意外とよく作り込まれていて驚きました。UIも好印象です。

早速スマホにインストールしてみました。アプリを起動するとランネットのアカウントでログインを求められます。

トップ画面がいきなり計測画面という気合の入れっぷり。まあ、アプリを起動してすぐに計測できるのは使いやすいですよね。メニューは左上に集約されているのでシンプル。

各種設定ページでは、ガーミンの「Garmin Connect」とエプソンの「NeoRun」と連携ができるので、スマホを持ち歩かなくても大丈夫。

スポットページでは、トイレや水飲み場、コンビニ、病院などランナーに役立つ施設情報が投稿・検索できます。

ここからが「TATTA」の神髄。ランネットの情報と連携しているので、大会エントリー情報や過去の大会出場履歴が確認できます。

大会ページでは、ぼくがエントリー中の大会が表示されました。今までウェブサイトにアクセスして確認していたので、これは超便利!「軽井沢マラソンフェスティバル 2016」や「さいたま国際マラソン 2016」もしっかり入っていました。

さらに大会名をタップすると、同じ大会にエントリー中のランナーがどれくらい走り込んでいるかがわかります。10月の月間走行距離が多い順に表示されるんですが、トップは6日だけで830キロ?すごい!

11月になっても

このアプリ、オクトーバーランが終わっても普通に使い続けたい。ガーミンコネクトに連携しておけばアプリで計測しなくていいですし、スポット情報や大会情報は結構使える。

さあて、ぼくも「さいたま国際マラソン 2016」に向けて練習しないと…。

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について