ニューヨークシティマラソンと「夏時間」の奇妙な関係

2019.11.18 > 

先日、アメリカのニューヨークシティマラソンに参加した際に、面白い出来事がありました。
日本と違ってアメリカには夏時間(サマータイム)があるのですが、その夏時間の終了のタイミングが、ちょうどニューヨークシティマラソン当日と重なったのです。
2019年11月3日(日)の午前2時になると、時計が午前1時に戻りました。つまり、1時間トクしたというわけ。
ただし、ランナーは注意しないと、集合時間やスタート時間を間違うことになります。実際に、ホテルのフロントの人の話だと、毎年、1時間早く出発してしまう人が一定数いるのだとか。
ニューヨークの中心地からスタート会場へ行く無料シャトルバスは、午前5時半にダウンタウンを出発します。夏時間が終了したことを知らずに4時半に集合して「バスがない!」と戸惑うわけです。

幸い僕は、ホテルのフロントの人が親切に教えてくれたので、ちゃんと時間どおりに集合できました。

さいごに

ニューヨークシティマラソンは、会場に着いてからスタートするまで3時間も待ちます。さらに1時間余計に待つのは苦行でしかない。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事