東急スポーツ ストレッチボード レビュー:1台3役の補強トレマシン

ランニングの疲労回復・故障予防に、東急オアシスが開発した「ストレッチボード」を購入した。デザインがオシャレなのでリビングに置いたままでも違和感がなく、これ1台でストレッチ・タオルギャザー・青竹踏みができる。僕の場合、隙間時間に1日2〜3分乗るだけランニングで疲れた足がスッキリする。

東急スポーツオアシス ストレッチボード SB-100

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

1台3役の補強トレマシン

今回紹介する東急スポーツオアシスの「ストレッチボード」の主な特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、ストレッチボートの真ん中に配置された突起部分。

ふくらはぎのストレッチをする時は、突起に足指をおいて足をピンと真っ直ぐに伸ばす。突起を足指でギュッとつかむと、足指力を鍛える「タオルギャザー」の練習になる。さらに突起の部分を足で踏むと、足裏のコリをほぐす「青竹踏み」の効果が期待できる。

つまり1台3役というわけ。実はこの3つのどれも日頃の補強トレーニングに取り入れたいと思っていたが、自助努力だけでは長続きしなかった。

ストレッチボード」ならリビングに置いても違和感がないので、ちょっとした隙間時間にサッと乗るだけでストレッチができる。

自宅に届いてから1週間が経つが、今のところ毎日3〜4回、1回あたり1〜2分のストレッチを無理なく継続できている。

傾斜は3段階で調整可能

ストレッチボード」は、急グループが展開するフィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」が製造・販売するフィットネス器具。

ストレッチボードといえば木の板を斜めに傾けたモノをよく見かけるが、こちらのストレッチボードは色合いといい、質感といい、デザインが上質なのが特徴。さすが東急スポーツオアシス。これなら部屋に置いてあるだけでインテリアになる。

重さは約4.0kg。サイズは、縦50cm/横38cm/高さ17cm。台湾で製造されている。

ストレッチボードは裏側のレバーを引っ張ると傾斜が三段階で調節できる。部品は金具でできているので丈夫でガタつく心配はない。

以下は傾斜が「小」。

以下は傾斜が「中」。

以下は傾斜が「大」。

個人的には「大」は傾斜がキツすぎた。「小」だとちょっと物足りないくらい。「中」の傾斜がストレッチをした際に、心地よい緊張感を生み出す。

取扱説明書に使い方が書いてあったので参考までに紹介しておく。基本はストレッチボードに足を置き、ふくらはぎをストレッチするのが最もポピュラーな使い方。ランニングの疲労回復や故障予防にも効果が期待でき流。

また、ストレッチボードの真ん中に配置された突起を活用して、足指つかみ運動(=タオルギャザー)や、土踏まずのマッサージ(青竹踏み)もできます。

東急スポーツ ストレッチボードの評価

ここからは実際に「ストレッチボード」を使ってみて気づいた点をまとめていく。写真のモデルには小学生の娘に協力してもらった。

ふくらはぎのストレッチ

やっぱり自分で屈伸するよりは、ストレッチボードに乗る方が楽だし、効き目が全然違う。この絶妙な角度がポイント。

足指つかみ運動=タオルギャザー

タオルギャザーをやるには、都度タオルを用意しないとだが、これならストレッチのついでに出来るので楽。洗濯物も増やさないて済む。

土踏まずのマッサージ=青竹踏み

青竹踏みをするには突起が小さすぎるかなと思いきや、十分効き目があった。ランニングの疲労回復にはこれが一番効く気がする。

1日2〜3分

これ一台で、ストレッチ、タオルギャザー、青竹踏みが出来るのは便利。いつもこの順番で1回1サイクルこなしており、所要時間はたったの2〜3分。

隙間時間を有効活用できる

スタイリッシュなデザインなので、リビングに置きっぱなしでも邪魔に感じない。僕の場合、歯磨きをする時、コーヒーのお湯を沸かす時、テレビでニュースをチェックする時など、ちょっとした隙間時間に使っている。

やはり、すぐに使えるのがポイントですね。このハードルの低さが、長続きの秘訣だと思う。

東急スポーツオアシス ストレッチボード SB-100