読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

エナジーハンター エナジーゼリー レビュー:大容量270gの補給ゼリー

▶︎ #ランニング補給#エナジーゼリー

コスパの良さで知られるトップバリュのエナジージェル「エナジーハンターゼリー」を紹介する。これ1本で165kcalのエネルギーに加え、クエン酸・カフェイン・アルギニンが補給できる。

この記事の目次

エナジーハンターゼリーの特徴

先日、40km走の途中でイオン系列のスーパーに立ち寄った際に、「エナジーハンターゼリー」を買ってみた。

最大の特徴はコストパフォーマンスの良さ。1袋270gと一般的なエナジーゼリーの約1.5倍の大容量なのに価格は128円(税込)。

カフェイン・アルギニン配合

「エナジーハンターゼリー」の栄養成分と原材料は以下のとおり。

栄養成分(1袋270gあたり)エネルギー165kcal、たんぱく質1.1g、脂質0g、炭水化物40.3g、食塩相当量0.2g、クエン酸1080mg、カフェイン175mg、アルギニン540mg
原材料果糖ぶどう糖液糖、高麗人参抽出末/酸味料、アルギニン、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳酸Ca、カフェイン(抽出物)、香料、V.C、甘味料(スクラロース)、グルタミン酸Na、グリシン、ナイアシン、アスパラギン酸Na、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、V.B2、トレオニン、メチルヘスペリジン、V.B6

クエン酸は疲労回復を助け、カフェインは集中力アップの効果が期待できる。

エナジーハンターゼリーの評価

今回は40km走の30km〜37kmの間で「エナジーハンターゼリー」を飲んだ。キャップ付きなので、小分けにして飲めて便利だった。

カフェイン(175mg配合)の効果なのか、後半から途切れがちだった集中力が高まった気がする。

味の方は「可もなく不可もなし」といった感じ。食感はドロッとしており、水なしで飲むと口の中に残る。水なしで飲むにはキツい。

この記事で紹介したモノ

アミノバイタル パーフェクトエネルギー

関連記事

モルテン GEL100 レビュー:キプチョゲ御用達のエナジージェル

即攻元気ゼリー ENERGY GO レビュー:セブン限定のエナジーゼリー

inゼリー エネルギーレモン レビュー:塩分補給もできるエナジーゼリー

キレートレモン クエン酸2700ゼリー レビュー:飲みやすいパウチゼリー版

アクエリアス ゼリー レビュー:凍らせて飲む。常温でも溶けにくい

リポビタンゼリー レビュー:血糖値が急激に上がらないエナジーゼリー

アミノバイタル ゼリー:青・赤・金の違いと飲む順番を解説

#エナジーゼリー

ピックアップ

ソフトフラスク (2020)レビュー:携帯しやすい給水ボトル

自己紹介:マラソンブロガーの誕生秘話と主な活動内容

冬のランニング:防寒ウェアを揃えたら、冬の月間走行距離が5割増えた話

東急スポーツオアシス リセットポール レビュー:絶妙な弾力性

瀬戸内しまなみ海道の走り方:全長80km、今治〜尾道の旅ラン全記録

モルテン Drink Mix 320 レビュー:キプチョゲ御用達のスポーツドリンク

最新記事

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画