SHIFT(シフト)を装着して、ガーミンGPS時計やApple Watchを見やすい角度に

ラン計測

これは発想が非常に斬新!米エッジギア社のウェアラブル商品のSHIFT(シフト)。

https://www.getedgegear.com/

ウェアラブルといっても、位置情報や心拍数を計測する端末本体ではなく、ガーミンGPS時計やApple Watchを見やすい角度で支えるストラップそのものが商品です。

公式サイトによると、Apple Watch、ガーミン、スントなどのメジャーな端末をサポートしています。

通常、時計を見るたびに腕を曲げて余計なエネルギーを使っているわけですが、SHIFTを使えば、チラ見で大丈夫そうですね。

さらに寒い季節には、襟袖と手袋の間からディスプレイを出しておけば、襟袖をまくる必要がありません。シャツの上から時計を装着すればいいのでは?と思いましたが、肌に密着させないと心拍数が作動しないですからね。よく考えられています。

購入は公式サイトから。本体価格は39.99米ドルで、海外(日本)への送料は9米ドル。日本円で約5000円で手に入ります。

https://www.getedgegear.com/

ガーミンGPS時計の装着例

Apple Watchの装着例


この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について