1周60キロ!ロンドンの巨大緑道構想「ジュビリー緑道」を走る

旅ラン

ロンドンのセント・ジェームス・パークを走っていたら、「JUBILEE GREENWAY」の文字が目に飛び込んで来ました。ジュビリー緑道?聞いたことないな。。

後で気になって調べて見ると、ロンドン市内の公園やカナル、歴史街道などをつなげて作る「緑道構想」だと判明。

1周60キロの緑道構想

驚くのはその規模。ぼくの知っている緑道は数キロ程度のものが多いのですが、ジュビリー緑道はなんと60キロにも及ぶ大緑道なんです。ウルトラマラソンができちゃいますね!

2012年のエリザベス女王2世のダイアモンド・ジュビリー(即位60周年)を記念して作られた緑道なので、距離もキリよく60キロにしたそうです。

バッキンガム宮殿を起点に、セント・ジェームス・パークグリーン・パークハイド・パークケンジングトン・ガーデンズリージェント・パークリージェント・カナルなど、ロンドン市内の主要な公園やカナルが緑道の大部分を占めています。

ジュビリー緑道の歩き方

公式サイト(英語)に「ジュビリー緑道の歩き方」が載っています。さすがに一度に60キロを歩いたり、走ったりする人はいないようで、10のエリアに分割されていました。

例えば、こちらはウェストミンスター橋からバッキンガム宮殿までのルート。

地図もあります。ウェストミンスター橋 → テムズ川沿い → 国会議事堂 → セント・ジェームス・パーク → ザ・マル → バッキンガム宮殿の3.5キロのルート。

まとめ

以上、ジュビリー緑道について紹介しました。ウォーキングやランニングが好きな方は、全60キロをコンプリートしてみてはいかがでしょう?これだけでもロンドンの主要な観光スポットがカバーできちゃいます。

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について