円谷幸吉メモリアルマラソン 完走レポート

円谷幸吉メモリアルマラソン 完走レポート|ともらん

2018年10月21日に福島県須賀川市で開催された《円谷幸吉メモリアルマラソン》に参加してきました。マラソン大会の特徴やレースの様子などを写真と共にお届けします。
作成| 更新

今回は、11月の《上尾シティマラソン》の前の腕試しとして走るつもりでしたが、予想以上に好調に進み、自己ベストを1分40秒も更新することができました。

公式タイムは 1時間24分1秒。ネットタイムでは24分を切る 1時間23秒57秒でした。

円谷幸吉メモリアルマラソンとは?

全国的に知名度の高いマラソン大会ではないと思うので、少し説明しておきます。

福島県須賀川市で開催

《円谷幸吉メモリアルマラソン》は、福島県須賀川市で開催されるマラソン大会です。ハーフマラソンや 10km、親子ランなどの種目があり、地元の中学校新人ロードレースも兼ねています。

参考:円谷幸吉メモリアルマラソン公式サイト

東京五輪の銅メダリスト「円谷幸吉」

大会名にある円谷幸吉という人は、1964年の東京五輪の男子マラソンで銅メダリストとなった選手。生まれも育ちも、ここ須賀川です。

写真は円谷幸吉メモリアルホールより
写真は円谷幸吉メモリアルホールより

以前、青山一郎さんの『孤高のランナー 円谷幸吉物語』を読み、円谷幸吉というランナーに興味を持ちました。本の最後に「円谷幸吉メモリアルマラソン」のことが書かれていたので、参加してみたいと思いました。

アップダウンのあるコース

ハーフマラソンは、須賀川市を駆け抜けるコース。コースマップを見てもわかるとおり、高低差30~40mの坂が幾度もあるアップダウンの多いコースです。

円谷幸吉メモリアルマラソンのコースマップ
円谷幸吉メモリアルマラソンのコースマップ

スタートラインに立つまで

今回は前泊することも考えましたが、前日は夕方まで予定があったため、大宮発の始発に乗って福島へ向かいました。

シャトルバスで「須賀川アリーナ」へ

須賀川駅からはシャトルバスに乗り、大会会場のある「須賀川アリーナ」へ向かいます。所要時間は15分ほど。

当日受付

大会会場では、ナンバーカードを見せて参加記念Tシャツを受け取ります。

参加記念Tシャツ
参加記念Tシャツ

円谷幸吉メモリアルホール

受付エリアの近くに「円谷幸吉メモリアルホール」がありました。小さな博物館ですが、円谷幸吉さんのランニングシューズや五輪メダルが展示されています。

円谷幸吉メモリアルホール
円谷幸吉メモリアルホール

100円コインロッカー

更衣室やトイレやは須賀川アリーナ内にあります。荷物預け入れもできますが、100円コインロッカーがたくさんあるので、ぼくはそちらを利用しました。使用後に100円は戻ります。

100円コインロッカー
100円コインロッカー

釈迦堂川でウォームアップ

スタートまで1時間ほどあったので、近くの釈迦堂川でウォームアップをしてきました。

釈迦堂川でウォームアップ
釈迦堂川でウォームアップ

レース本番

さて、前座はこれくらいにして、いよいよレース本番に移りたいと思います。

スタート〜6km

9時半にハーフマラソンの部がスタート。

最前列は陸連登録者専用のブロックでした。ぼくはその後ろの「1時間30分以内」のブロックへ。自己申告制です。

円谷幸吉メモリアルマラソンのスタート
円谷幸吉メモリアルマラソンのスタート

周りのランナーとぶつからないよう注意しながら、4:00/kmのペースをつかんでいきます。最初の3kmは息がまったく乱れず順調に進んでいきます。

「翠ヶ丘公園」が見えてくると、なだらかな下り坂が始まります。

「翠ヶ丘公園」付近の下り坂
「翠ヶ丘公園」付近の下り坂

調子が良いので、攻めの走りをすることにしました。周りのランナーのペースに飲まれないように、3:50/kmまでペースアップ。

5kmあたりで「円谷幸吉の生家」を通過しました。

「翠ヶ丘公園」付近の下り坂
「翠ヶ丘公園」付近の下り坂

6kmあたりで 10kmの部と分岐します。

6km〜12km

7kmから片道二車線の国道118号の直線コースを走ります。

国道118号へ
国道118号へ

9kmあたりでアップダウンの多い国道63号へ。

阿武隈川を越えた後の上り坂はキツかったですね。

国道63号の上り坂
国道63号の上り坂

12kmでようやく折り返し地点に到達!

ハーフ折り返し地点
ハーフ折り返し地点

これから今走ってきたアップダウンをもう一度…。

12km〜17km

14kmあたりで阿武隈川を通過。阿武隈と書いて「あぶくま」と読みます。

コースから見た阿武隈川
コースから見た阿武隈川

今回のレースでは16kmあたりが一番辛かったですね。アップダウンの使われがジワジワきました。

GPSウォッチに目をやると、このまま4:00/kmのペースを維持できれば 1時間24分台は現実的。最後まで諦めずに走ろうと決意しました。

17kmにハーフの関門が設けられています。

17km〜ゴール

ラスト4kmは高低差30mほどの下り坂です。ここまで来れば、あとは気合いで走りきれます!

19kmあたりの住宅地で「TSUBURAYA MEMORIAL MARATHON」の横断幕を通過。

ラスト3km
ラスト3km

ラスト2kmは須賀川のメインストリートを駆け抜けます。「ウルトラマン通り」とも呼ばれるこの道には、道路の両脇にウルトラマンのキャラクターが立っています。

レースの後で写真を撮影してきました。

ウルトラマン通り
ウルトラマン通り

ラスト1kmはゴールに向かってガムシャラに走りました。

円谷幸吉メモリアルマラソンのゴール
円谷幸吉メモリアルマラソンのゴール

ガーミンの計測では、完走タイムは 1時間23分59秒。

公式タイムは 1時間24分1秒。ネットタイムは1時間23秒57秒。

今年の3月に《熊谷さくらマラソン》でマークした自己ベストを 1分40秒も縮めることができました。

ゴール前で記念撮影
ゴール前で記念撮影

STRAVA 走行データ

参考までにSTRAVAの走行データを貼り付けておきます。

今回は、冒頭から 4:00/kmペースで走り、どこまでいけるか自分を試すことにしました。予想以上にアップダウンがキツく、16km辺りでバテましたが、ラスト5kmはペースを持ち直し、平均4:00/kmを切るペースで完走できました。

ゴールの後で

記録証

ゴールの後は、記録証をもらいます。

円谷幸吉メモリアルマラソンの記録証
円谷幸吉メモリアルマラソンの記録証

公式タイムは 1時間24分1秒ですが、ネットタイムでは24分を切る 1時間23秒57秒でした。

総合順位は26位。

お饅頭となめこ汁

スポーツドリンクを飲みながら須賀川アリーナへ向かうと、「お饅頭」と「なめこ汁」が振舞われていました。疲れた時の味噌汁は最高ですね。

お饅頭
お饅頭
なめこ汁
なめこ汁

シャトルバスで須賀川駅へ

更衣室で着替えた後は、シャトルバスで須賀川駅へ向かいます。

26位でゴールできたので、シャトル乗り場は空いているかなと思いきや、見ての通りの大混雑。よく考えたらハーフ以外の種目もあるので、混んでいて当たり前ですよね。

シャトル乗り場
シャトル乗り場

ウルトラマン通りへ

15分ほどで須賀川駅に到着しました。しかし、郡山駅行きの電車が1時間に1本しかなく、次の電車まで 40分以上時間があります。

須賀川駅の改札口
須賀川駅の改札口

ただボーッとしているのは勿体無いので、須賀川名別の「ウルトラマン通り」へ行ってみる事にしました。須賀川駅から歩いて10分ほど。詳しいレポートは後日まとめます。

ウルトラマン通り
ウルトラマン通り

郡山で入浴

郡山では、新幹線に乗る前に「郡山湯処 まねきの湯」で疲れを癒してきました。

郡山湯処 まねきの湯
郡山湯処 まねきの湯

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。