MEMO

競技人口10万人!北米で人気のTurkey Trot(七面鳥レース)とは?

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

突然ですが、Turkey Trotという競技をご存知ですか?毎年アメリカの感謝祭(Thanks Giving Day)の日に行われるファンランイベントなのですが、チキンレースならぬ「七面鳥レース」
という競技名が気になり、自分なりに調べてみました。

ツイッターをみていると「#TurkeyTrot」のハッシュタグで異様な盛り上がりを見せています。

感謝祭と七面鳥

感謝祭とは、アメリカの祝祭日のひとつ。

感謝祭:豊かな恵みに感謝する祝いは、世界中ほとんどすべての文化に存在する。米国では、感謝祭は伝統と分かち合いのときである。11月の第4木曜日、人々は家族や友人と集い、伝統的な食事を楽しみ、日々与えられる多くの恵みに感謝する。遠く離れて暮らしている家族も、感謝祭の日には家族と共に過ごすために家に帰ろうと努める。(アメリカンセンターJAPANより)

アメリカでは感謝祭の前後に休暇を取り、家族と食卓を囲んで「七面鳥の丸焼き」を食べるのが風習になっています。そのため感謝祭は、七面鳥の日(Turkey Day)とも呼ばれています。

そんな七面鳥にちなんで、毎年11月の第4木曜には全米各地で七面鳥レース(Turkey Trot)が開催されます。

七面鳥レース(Turkey Trot)

アメリカのRunning USAによると、2016年の感謝祭には全米で726もの七面鳥レースが開催され、96万人が参加しました。競技人口も2011年から約4割も増えているそうです。

参加者数が最も多いのは、カルフォルニア州サンノゼで行われる「Applied Materials Silicon Valley Turkey Trot」。別名「シリコンバレー七面鳥レース」とも呼ばれています。

基本的にはお祭りイベントなので、競技種目は5キロや10キロ、親子ランがメインです。

七面鳥レースだけあって、七面鳥の格好をして走るのが人気だそうです。楽しそう!




さいごに、余談ですが

ここ2年間はフルマラソンとハーフマラソンしか走っていませんが、先日娘と親子ランに初出場してファンランの楽しさを改めて実感しました。

もちろん、今後もフルマラソンをメインに取り組んでいきますが、2018年はフルマラソンの合間にファンランを入れ、楽しみながら走る機会を増やしたいなと思います。

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎