スローモーションで解明!ウサイン・ボルトの速さの秘訣は「直線美」である

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

人類最速のウサイン・ボルトはなぜ速いのか?その謎を解明したビデオがFacebookで話題になっており、公開から3日間で800万回以上再生されています。

ビデオは、ヨーロッパのスポーツ番組「Eurosports」が、ロンドン世界陸上の開幕に合わせて公開したもの。男子100メートル走の様子をスローモーションで再現し、隣のレーンを走るタイソン・ゲイと比較しています。


スタートから違う

まずスタート直後の一歩を踏み出す前から勝負がついています。ボルト(右)は肩から足まで一直線のフォームに対し、ゲイは上半身が下がり気味。瞬発力に差が出るといいます。

斜めから見ると、ボルトは股関節屈筋をフルに伸ばしています。ここでも瞬発力に違いが。

さらにスタートダッシュでは、ボルトは足の上下運動を最小限に抑え、エネルギーを推進力に変えています。

最高速度に達するポイントが違う

意外なことに、最高速度はボルト(44.72キロ)もゲイ(44.10キロ)もほぼ同じです。しかし最高速度に達するポイントが、ゲイの55メートルに対し、ボルは68メートルと伸ばしています。後半で一気に差が出るというわけですね。

姿勢が違う

これは一目瞭然ですね。ボルトは、頭から腰までのラインが垂直に保たれているのに対し、ゲイは前かがみになっています。垂直の方が推進力が増すので、より早く走れます。ここでもスタート同様、「直線美」が速さの秘訣となっています。

まとめ

やっぱりランニングフォームは大事なんだ、ということを再確認しました。

通常100メートル走をテレビで見ると、動きが速すぎてフォームの違いに気がつきませんが、このビデオのようにスローモーションで解説してくれると、違いがハイライトされて解りやすいです。

それにしても、比較対象のタイソン・ゲイがちょっと可哀想な気がしますが「winner takes it all」の世界なので仕方ないですね。

以下の記事もおすすめです。

関連記事「100メートル王者」ベイリーと「200メートル王者」ジョンソンのガチンコ対決

関連記事【ロンドン世界陸上2017】試走したマラソンコースは、究極の観光ルートだった

B!

同じカテゴリの記事

埼玉の奥地で見つけた”進化系”日帰り温泉「おふろ cafe 白寿の湯」

ロボットの走行能力はここまで進化していた!ボクト・イッショニ・ハシロウヨ

未分類」の記事一覧へ ▶︎