スローモーションで解明!ウサイン・ボルトの速さの秘訣は「直線美」である

更新:

スローモーションで解明!ウサイン・ボルトの速さの秘訣は「直線美」である

人類最速のウサイン・ボルトはなぜ速いのか?その謎を解明したビデオがFacebookで話題になっており、公開から3日間で800万回以上再生されています。

ビデオは、ヨーロッパのスポーツ番組「Eurosports」が、ロンドン世界陸上の開幕に合わせて公開したもの。男子100メートル走の様子をスローモーションで再現し、隣のレーンを走るタイソン・ゲイと比較しています。


スタートから違う

まずスタート直後の一歩を踏み出す前から勝負がついています。ボルト(右)は肩から足まで一直線のフォームに対し、ゲイは上半身が下がり気味。瞬発力に差が出るといいます。

斜めから見ると、ボルトは股関節屈筋をフルに伸ばしています。ここでも瞬発力に違いが。

さらにスタートダッシュでは、ボルトは足の上下運動を最小限に抑え、エネルギーを推進力に変えています。

最高速度に達するポイントが違う

意外なことに、最高速度はボルト(44.72キロ)もゲイ(44.10キロ)もほぼ同じです。しかし最高速度に達するポイントが、ゲイの55メートルに対し、ボルは68メートルと伸ばしています。後半で一気に差が出るというわけですね。

姿勢が違う

これは一目瞭然ですね。ボルトは、頭から腰までのラインが垂直に保たれているのに対し、ゲイは前かがみになっています。垂直の方が推進力が増すので、より早く走れます。ここでもスタート同様、「直線美」が速さの秘訣となっています。

ワンポイントアドバイス

やっぱりランニングフォームは大事なんだ、ということを再確認しました。

通常100メートル走をテレビで見ると、動きが速すぎてフォームの違いに気がつきませんが、このビデオのようにスローモーションで解説してくれると、違いがハイライトされて解りやすいです。

それにしても、比較対象のタイソン・ゲイがちょっと可哀想な気がしますが「winner takes it all」の世界なので仕方ないですね。

以下の記事もおすすめです。

関連記事「100メートル王者」ベイリーと「200メートル王者」ジョンソンのガチンコ対決

関連記事【ロンドン世界陸上2017】試走したマラソンコースは、究極の観光ルートだった

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧