TRAVEL

寄り道30分で1周できる「碓氷湖」散歩道

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

長野県軽井沢町に来ています。昨日は関越自動車道→上越自動車道で群馬へ向かい、松井田妙義ICから国道18号経由で碓氷峠を越えて長野に入りました。

軽井沢へ行くには碓氷軽井沢ICで降りるのが最短ルートなんですが、今回は碓氷峠の途中にあるめがね橋(正式名称は碓氷第三橋梁)を観るために遠回りしました。

途中、国道18号が「旧道(中山道)」と「碓氷バイパス」に分岐しますが、間違って碓氷バイパスに入ってしまいました。めがね橋があるのは「旧道」のほうです。

しばらく行くと「碓氷湖」の看板を見つけました。時間に余裕があったので、ちょっとのぞいてみようかということになり、碓氷湖の駐車場へと長い坂道を下りていきました。広々とした駐車場には車が10台ほどあり、トイレ、休憩所、水飲み場が完備しています。

1周1.2キロの「碓氷湖」散歩道

碓氷湖は対岸が見渡せるほど小さな湖した。湖は20分で1周できるので、妻と子供と一緒に歩いてみることにします。

中尾川と碓氷川の合流点を堰き止めて造った人工湖で、四方を国有林の大木に覆われ、特に秋の湖面にうつる紅葉はすばらしいものである。湖畔には約1.2キロメートルの散策道があり、約20分で一周できます。(引用元

駐車場から時計回りで歩き始めると「坂本ダム」に差し掛かりました。碓氷湖は中尾川と碓氷川を、坂本ダムで堰き止めて造られた人造湖です。水量がそれほど多くないからなのか、ダムが水がザブザブ流れている感じではありません。

坂本ダムを通り過ぎると、砂利道の散歩道を進んでいきます。所どころに「クマ出没注意」と書かれた看板を目にするので、下の娘が怖がっていました。本当に出没したら、ぼくも怖い。。

途中、「ふれあいトンネル」という名の可愛らしいトンネルを通ります。

中尾川が流れ込むところまで来ました。「夢のせ橋」を渡ります。

橋の上からの景色。中洲で釣りをしている人たちがいました。のどかですねー。

橋の途中に階段があったので、われわれも中洲へ下りてみました。遠くから見ると赤い橋にしか見えませんが、実際には煉瓦造りでした。

一級河川「碓氷川」。

湖畔の散歩道を歩きながら駐車場へ戻ります。写真ではわかりませんが、小さな虫がたくさん飛んでいました。虫除けスプレーを持ってくればよかった!

まとめ

車やバイクで碓氷峠を越える人は多いと思いますが、時間に余裕があれば「碓氷湖」に寄り道してウォーキングを楽しんでみてはいかがでしょう?夏なら水遊び、秋なら紅葉も楽しめます。

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎

この記事のカテゴリ

TRAVEL

旅ランのカテゴリへようこそ!旅するとと、走ることが大好きな tomo.です。旅行や仕事で訪れた街を走ったり、自ら準備・企画して秘境の地を走ったりと、旅ランをライフワークにしています。そんなランナーだからこそ見える旅の風景をお届けすると同時に、旅先で見つけた面白いものも紹介していきます。

TRAVEL の記事一覧へ  ▶︎

この記事のトピック

同じトピックの関連記事もご覧ください。

軽井沢でトレラン・ハイキングするなら離山(はなれやま)がおすすめ|
大人も子供も楽しめる「軽井沢タリアセン」。ゴーカート、遊具、鯉の餌やりなど|
【ナカ旅】中山道の寂れた宿場町から世界有数のリゾート地「KARUIZAWA」へ|
江戸時代のマラソン大会!?安中宿から碓氷峠を越えを目指す「安政遠足侍マラソン大会」|
【ナカ旅】碓氷峠を越えて長野県へ突入!県境の「熊野神社」で安全祈願|