週刊ともらん:《長野マラソン》の宿が取れない時に、ぼくがやったこと

週刊ともらん:《長野マラソン》の宿が取れない時に、ぼくがやったこと|ともらん

1週間の出来事を振り返る「週刊ともらん」。2017/12/25-12/31のまとめです。
作成| 更新

バックナンバーはこちらから読めます。

走行距離は44.0キロ

今週は仕事がお休みだったので平日に結構走れました。週末は先週に引き続きロング走(20km)を1本。毎週末の習慣にします。

休み
300m 坂道インターバル × 6本 + 3.1km ジョグ
7.3km ジョグ(5:01/km)
10.0km ジョグ(5:58/km)
休み
20.0km ジョグ(6:02/km)
休み

青森県三沢市でスノーランを体験

12/27〜12/29は青森県三沢市にある「星野リゾート 青森屋」に滞在しました。

ちょうど雪が降り始めた後で、雪道を走るスノーランが体験できました。雪景色を見ながら温泉にも浸かり、1年間の疲れが癒されました。

関連スノーラン in 星野リゾート青森屋

埼玉県大宮公園をすべて制覇

週末のロング走は2017年の走り納めを兼ねて、地元「埼玉県大宮公園」で公園めぐりをしてきました。

埼玉県大宮公園には、明治時代に開園した「大宮公園」と、比較的新しい「大宮第二公園」と「大宮第三公園」の3つの公園があります。

自宅〜公園の往復と、大宮第三公園〜大宮第二公園〜大宮公園の移動で 20km。ロング走をしたいけど近場にコースがない、という時は「公園めぐり」がおすすめです。

関連ランニングで距離を稼ぐなら「公園めぐり」がおすすめ in 埼玉県大宮公園

長野マラソンの宿泊が取れない!

来年4月に「長野マラソン 2018」に参加します。

10月末の一般エントリーでは運よくクリック合戦を勝ち抜きましたが、数週間前に届いた「参加決定通知書」を開封せずに放置してしまいました。宿泊予約が12/16から始まることを知らずに。

長野マラソンでは、JTBが近隣の宿泊施設を事前におさえ、後日JTB経由で予約するしくみとなっています。慌てて昨日、予約サイトを訪れましたが撃沈しました。

レース当日はナンバーカードを交付しないので前泊は必須

どうしよう!と焦りながら「じゃらん」で検索していたら、こんな意外なプランを発見しました。

参照ゲストハウスLAMP – 【無料送り付】長野マラソン応援プラン!!快眠ドミトリー朝食付き

こんな方に向けた長野マラソン特別プランです♪

  • 長野市内のホテルが満室でとれない!
  • マラソンで高騰した価格が高くて予約できない!
  • 少し遠くてもいいから、安くて快適な前夜を過ごしたい!

4月15日は早朝5時半頃に出発し、6時半に現地到着予定です。朝食は現在検討中ですが、おにぎりと簡単なおかずをご提供する予定です。

うーん、まさに自分にはドンピシャなプラン!レース当日の朝食と移動費を含め、税込7,000円とリーズナブルな価格設定。

ゲストハウスLAMPは長野県の野尻湖沿いにある格安の宿泊施設。最寄駅は、北しなの線の黒姫駅(車で10分、送迎あり)。長野マラソンのスタート会場がある長野運動公園までは車で40分ほど。

長野マラソンの宿が取れなくて困っている!という方におすすめのプランです。

ワンポイントアドバイス

来年も tomo.run(ともらん)をよろしくお願いいたします!

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。