どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

今週は日本選手権の男子100m走決勝で山縣亮太が優勝し、別の大会では蘇炳添(中国)が9秒91のアジア記録をマーク。個人的には《さいたま国際マラソン》の新コースを試走したり、埼玉県こども動物自然公園に遊びに行ったりと忙しい1週間でした。

毎週日曜日に、1週間のできごとを振り返る「週刊トモラン」。2018年6月18日〜6月24日のまとめです。

今週の気になるニュース

1)GARMIN「fenix 5 Plus」発売

GARMIN GPSウォッチの最上位モデル「fenix 5 Plus」シリーズが6月28日から発売。地図、音楽プレーヤー、ガーミンペイが搭載された「全部載せ」モデル。


2)《シカゴマラソン》のエリート選手発表

ゲーレン・ラップ、モハメッド・ファーラー、大迫傑、川内優輝等の参加が決まりました。


3)山縣亮太が日本選手権の男子100mを制す

たまたまテレビを付けたら男子100m走が始まる前でした。山縣亮太さんは男性から見てもカッコいいですね。


4)男子100mアジア記録

蘇炳添(中国)が100m走で9秒91のアジア記録をマーク。


5)ランナーがうっかり国境を超えて身柄拘束

島国の日本人からすると驚きのニュース。


今週も疲れが抜けない…

先週同様、《秩父チャレンジロードレース》の疲れがまだ抜け切れていません。夜も蒸し暑いくてなかなか熟睡できず、ちゃんと疲労回復ができていないのかもしれません。

小布施見にマラソンの参加案内が届く

7月の三連休は家族を連れて長野へ行く予定です。お目当は《小布施見にマラソン》に参加すること。真夏とはいえ、早朝でしかもハーフなので大丈夫だろうとエントリーしました。

しかし、スタートが7時とは海外マラソン並ですね。《シドニーマラソン》も7時スタートでした。

小布施では宿がとれなかったので、近隣の温泉宿に二泊三日する予定。とりあえず家族にはゆっくりしてもらいますが、ぼくは三連休とはいえ休めなさそう。

《さいたま国際マラソン》の新コース試走

先週に続き、《さいたま国際マラソン》の新コースを下見してきました。今回走ってきたのは32〜33kmの折り返しルート。フラットで走りやすかったです。

《さいたま国際マラソン》のコース情報をこちらにまとめました。

埼玉県こども動物自然公園へ

日曜日から妻が1週間出張で不在に。特に予定がなかったので、娘二人を連れて埼玉県こども動物自然公園へ行ってきました。

動物園とアスレチック場が併設されたレジャーランドですが、県営なので入園料はとても良心的。園内では地元名物の「味噌だれ焼き鳥」を販売。白いご飯だけ持っていけば手軽にランチが楽しめます。

モルモットとウサギのふれあい、ヤギの餌やり、牛の乳搾りを体験し、アスレチック場で思っ切り遊んできました!

スイカの種

動物園から戻ると、浦和の別所沼公園へサクッと走りに出かけました。1週1km弱のランニングコースは所どころ木陰があるので夏ランに最適。4分/kmペースで5kmを走りきりました。

走り終えると右足に痛みが…。ソックスを脱ぐとスイカの種が一粒出てきました。これが足裏に当たって擦れていたのですね。スイカの種とはいえ侮れません。


今週の走行距離

27.6kmでした。

  • 火曜日:5.3kmジョグ
  • 金曜日:5.0kmスピード(4:17/km)
  • 土曜日:8.0km4ビルドアップ(4:30/km)
  • 日曜日:2.0kmジョグ + 5.0kmスピード(4:00/km) + 2.1kmジョグ

今週書いた記事

PROTAIR(プロテア)爪切りニッパー レビュー&評価:足爪のお手入れに

ランニングシューズの減り方で「プロネーション」は判断できるのか?

ランニング雑誌比較:ランナーズ、ランニング・スタイル、ランニングマガジン クリール

ランニング雑誌比較レビュー:2018年8月号のテーマは「夏ラン」

《さいたま国際マラソン2018》地元ランナーが「新コース」を写真付きで解説

この記事を読んで走りたくなったら

週刊トモラン:別所沼公園で「涼ラン」」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!