週刊ともらん:親子四人でマラソン大会に参加

更新:

週刊ともらん:親子四人でマラソン大会に参加

毎週日曜日に、1週間のイベントを振り返る「週刊ともらん」。2019年6月3日〜2019年6月9日は、埼玉の秩父(ちちぶ)のマラソン大会に参加してきました。

今週の走行距離

今週は32.2km走りました。平日は体調が優れなかったのでワークアウトはなし。週末は、10kmのレースと親子ラン(1.5km)を走りました。

少し前までは週間50km以上(月間200km)をキープしていたのに、最近は30kmを超えるのがやっとです。練習は量(距離)よりも質が大事だと思いつつも、週間50kmは維持したい。

クリフトン6

ホカオネオネの新作シューズ「クリフトン6」が発売されました。前モデルの「クリフトン5」は、長時間ロードを走っても脚に負担がかからず、ロングランで愛用しています。

2018年にはランニングシューズを14足購入しましたが、その中で「クリフトン5」が一番のお気に入りでした。

なので「クリフトン6」は買わない理由がありません。

大阪出張

金曜日は仕事で大阪に行ってきました。今回は日帰り出張なので、ランニングはできず…。大阪城公園中之島を走りたかったな。

でも、時間があったとしても現地ではバケツをひっくり返したような大雨だったので、走れなかったでしょう。

秩父へ

週末は埼玉県のリゾート地、秩父(ちちぶ)に滞在しました。

昨年参加した「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース大会」に参加するためです。今回は、10kmレースの他に、親子ランにもエントリーしました。

140mの激坂

レース当日、ナンバーカード引換券を自宅に忘れてきたことに気づき、かなり焦りましたが、受付で対応していただきました。

9:45に10kmの部がスタート。3〜5kmに標高差140mの上り坂があり、昨年はここで撃沈しました。

その失敗をふまえて、今年は激坂を越えるまでペースを抑え、後半から攻めていきました。激坂で相当なダメージをくらいましたが、そこからのリカバリーは昨年よりも早かった気がします。

昨年よりも1分32秒速いタイムでフィニッシュでき、成長を感じられるレースとなりました。

親子ラン

11:00からは親子ランがスタート。保護者と小学生の子どもがペアで走ります。僕は長女と、妻は次女とペアになり、家族四人で同じレースに参加しました。

長女は腕振りを意識しながら一生懸命走っていました。あまり苦しむとランニングが嫌いになってしまうので、何度も「無理しないでね」と声をかけました。

次女は生まれて初めて1.5kmという距離にチャレンジしましたが、最後まで笑顔で走り通しました。

妻はこの日のためにランニングシューズとウェアを新調していました。今年になってヨガを始めたので、身体を動かすことに少しずつ興味を持ち始めてくれたのかもしれません。

「週刊ともらん」のバックナンバーはこちら

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧