【週刊ともらん】Tokyo Olympic Marathon in Sapporo

>

マラソンブロガーのともです。

2019年10月14日〜10月20日の1週間を振り返る「週刊ともらん」をお届けします!
今週は、札幌で五輪マラソンを開催する案が発表され、話題になりましたね。

今週の練習

11月3日の「ニューヨークシティマラソン」に向けて調整中。

今週は、足裏の故障もあり、無理のない練習を行いました。走行距離は41.0kmと控えめです。

土曜日は子どもの習い事の合間に10km走ってきました。のんびりジョギングしながら考え事をしていたら、コースを間違えてしまい、お迎えに間に合わず。ラスト1kmは3’55/kmで走りきりました。


日曜日は足裏の調子も良く、11kmを平均4’23/kmペースで。こんなに気持ちよく走れたのは2週間ぶりです。

マラソン世界新記録

キプチョゲがフルマラソン2時間切りを達成した翌日、シカゴマラソンでマラソン女子の世界記録が16年ぶりに塗り替えるというニュースが飛び込んできました。ポーラ・ラドクリフの世界記録を破ったのは、ケニア出身のブリジッド・コスゲイ選手。

毎日小学生新聞でも話題のニュースとして取り上げられていました!

東京五輪のマラソン・競歩が札幌で開催か?!

これには驚きましたよね。

真夏の東京でフルマラソンを走るのは、自殺行為と言っても過言ではありません。最初の計画段階で、もっと涼しい場所でやることは考えられたはず。でも、いろんな事情で東京以外で開催する選択肢はなかったんでしょうね。。

面白いのは、IOCの鶴の一声で、札幌で開催することが決まったような空気になったこと。

一番納得がいかないのは、「猛暑の東京」を想定してきた選手だと思います。しかし札幌開催が決まったら、それを現実として受け止めるしかないですね。

大迫傑さん主催のマラソン大会

マラソン男子の日本記録保持者、大迫傑さんが、2021年3月あたりにマラソン大会を開催することを表明。ポイントは、「アスリートファースト」。

先ほどの「札幌開催」の件もそうですが、トップアスリートほどいろんなものに振り回されているのかもしれませんね。

新しい部署へ

今週は職場で部署異動がありました。挨拶まわりだけで1週間が終わった気がします。

前の部署のメンバーから、お別れのプレゼントにタビオの「レーシングラン5本指」をいただきました。本当に嬉しいです。

接骨院へ

右足裏に違和感を感じ始めたため、先週金曜日に接骨院で治療しました。本当は平日にもう1回行くはずが、仕事でバタバタしていたためスキップ。
今週土曜日に診てもらったら、状態が良くなっているとのこと。安心しました。

まとめ

今はケガを治療することが最優先です。