【週刊ともらん】ランナーだった僕のおばあちゃん

>

マラソンブロガーのともです。

毎週日曜日に1週間の出来事をゆる〜く振り返る「週刊ともらん」をお届けします!2020年1月13日〜2020年1月19日は、公私ともに忙しい1週間でした。

今週の走行距離は34.0km

ポイント練習は水曜日と日曜日に、スピード重視の練習を行いました。ペースが3’45/kmを超えると「ゼーゼー・ハーハー」と息切れがします。。スピードのなさを実感した1週間でした。

ちよだ利根川おもてなしマラソン DNS

日曜日は「ちよだ利根川おもてなしマラソン」の10kmの部に参加する予定でしたが、DNS(Do Not Start)しました。

土曜日の夕方、昨年10月から闘病を続けていた祖母が他界したとの連絡を受け、葬儀の準備などでバタバタしていたら、やる気が失せてしまいました。。

「別府大分毎日マラソン」の2週間前の予行演習にちょうど良いと思ったんですけどね。まあ、しょうがない。

ランナーだった僕のおばあちゃん

僕のおばあちゃんは、89歳であの世に旅立ちました。

戦前に生まれ、学生時代は短距離走の選手でオリンピック候補に選ばれる一歩手前(?)ぐらい、足が速かったそうです。

そんな自慢話を何度か聞いた覚えがあります。

ぜひ、天国でも元気に走り続けて欲しいなと思います!

まとめ

「別府大分毎日マラソン」は、おばあちゃんのために走ろうと思います。