【週刊ともらん】別大マラソンでサブスリー!

1週間の出来事をゆる〜く振り返る「週刊ともらん」。2020年1月27日〜2020年2月2日は、別府大分毎日マラソンでサブスリーを達成しました!

今週の走行距離は64.9km

ポイント練習は、水曜日の5kmテンポラン。日曜日のレースに向けて、程よい刺激を入れておきました。

日曜日は、別府大分毎日マラソンに参加しました。

2020年1月の月間走行距離は190km

200kmには届かず。でも、質の良い練習ができました。

400mインターバル走では、スピード力の無さを実感…。持久力は付いてきたんですけどね。もっとスピード力を鍛えねば!

大分へ

土曜日は早朝便で羽田空港から大分空港へ。乗客の大半がランナーでした。皆さんランニングシューズを履いているので分かりやすい。ここでもナイキ比率が高かったですね。

別府地獄めぐり

大分空港に10時前に到着したので、別府ではしばらく時間を持て余していました。荷物をホテルに預けて、「別府地獄めぐり」をすることに。

コースは、別府大学駅 → 鬼石坊主地獄 → 海地獄 → かまど地獄 → 鬼山地獄 → 白池地獄 → 血の池地獄 → 龍巻地獄 → 亀川駅。

観光込みの所要時間は2時間半、走行距離は約7kmでした。

別府大分毎日マラソン

今回の結果は、ネットタイム2時間58分4秒、グロスタイム2時間59分6秒でした。自分史上、歴代2位のタイムです!

レース中に3回も「ともさーん!!」と応援して頂きました。いやー本当に嬉しかったですね。この場を借りてお礼申し上げます。

ランニングパンツを新調しました

暑すぎず、寒すぎないランニングパンツが欲しかったので、パタゴニア(patagonia)の「テルボンヌ・ジョガーズ」を購入しました。

ナイキの新シューズ

ナイキの新シューズ「リアクト インフィニティ ラン フライニット」を購入しました。長距離を走っても疲れないシューズということで、主にロングランに使用する予定。近日中にレビューをまとめます。

今週の気になるニュース

コロナウィルス

コロナウィルスの感染がどんどん広がっていますね…。3月に中国・南京で開催予定の「世界室内陸上競技選手権大会」は延期が決定しました。陸上界・マラソン界にも影響が出始めています。

キプチョゲが東京五輪へ

マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲが「東京五輪」男子マラソンのケニア代表に選ばれました。まあ、選考するまでも無いでしょうが、ケニアといえばマラソン大国ですから、ライバルの数も半端ないことでしょう。

世界陸連のシューズに関する新ルール

以前から話題になっていた、厚底シューズへの規制。世界陸連が新しいガイドラインを発表しました。

まとめ

別大マラソンの後は、別府温泉で疲れを癒しています。

パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ