【週報】やっぱりバーチャルレースでは物足りない!

2020.05.31 > 

今週はバーチャルレールでフルマラソン(42.195km)を走りました。走ること自体は楽しめましたが、マラソン大会ならではの緊張感や高揚感、達成感は得られませんでした。

この記事では、2020年5月15日〜5月31日の練習と出来事をゆるく振り返ります。

今週の走行距離は、61.0km

平日は仕事が忙しくて練習出来たのは水・木曜日のみ。木曜日は久々に1kmインターバル走を行いましたが、わずか3本でダウン。徐々に本数を増やしていきたいです。

土曜日は半日がかりでバーチャルレースでフルマラソンを走りました。

2020年5月は258km走りました

月間走行距離が250kmを超えるのは2019年9月以来。今月は、月初の3日間で60km走ったのと、月末にフルマラソン(バーチャルレース)を走ったのが大きかったですね。

マラソントレーニングにおいて、月間走行距離は全てではありませんが、練習の「量」を表すわかりやすい指標だと思います。マラソン目標タイムと月間走行距離の目安としては、サブ4が150km、サブ3が250kmというデータもあります。

ボストンマラソンが中止に

今年のボストンマラソンは2020年4月20日に開催予定でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため9月14日に延期されました。しかし、収束の目処が立たないことから、ついに開催中止が決定しました。

残念ですが、しょうがないですね…。

延期→中止となっても、参加費は全額返金してくれるとのこと。さらに参加予定者は9月7日〜14日に開催予定のバーチャルレースの出走権がもらえるそうです。手厚いフォローに感動しました。

週末ひとりマラソン

土曜日は「週末ひとりマラソン」に参加しました。日本最大級のランニングポータルサイト「ランネット」が企画・運営する、いわゆるバーチャルレースです。

コースは、いつもロングランで走っている「見沼代用水西縁」を起点に、見沼田んぼをぐるりと1周してきました。

今回はペースを気にせず、マラニック(マラソン+ピクニック)的にノリで走ったので、苦しくはなかったのですが、ラスト7kmはゼーゼーハーハーして心肺が鍛えられました。

バーチャルレースでは物足りない

バーチャルレースは、2019年3月に「ニューヨークシティハーフマラソン」を日本で(しかも近所で!)走ったことがあります。ちゃんと完走メダルもいただきました。

ただ、やっぱりリアルなマラソン大会とは比べものにならないんですよね。

今回、「週末ひとりマラソン」を走りながら、改めてそのことを実感しました。フルマラソン(42.195km)を走るモチベーションになり、走ること自体は楽しかったのですが、マラソン大会で得られる緊張感や高揚感、達成感は皆無ですね。

9月にボストンマラソンのバーチャルレースを走る予定ですが、サブ3を切れるほどのモチベーションを保てるかはわかりません。

早くリアルなマラソン大会で走りたいです!

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事