海外”無料”Wi-Fi活用術。データ通信なしで「Googleマップ」と「Uber」を使う裏技

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

米国シアトル滞在2日目。

ぼくは海外旅行・出張ではSIMフリースマホ&海外SIMカードを使う派ですが、最近はあらゆる場所で無料Wi-Fiが拾えるため、SIMカードの必要性に疑問を感じています。特にスタバ発祥の地であるシアトルでは、空港やホテル、カフェ、ショッピングモールなど街中に電波が飛び交っているので、今回はSIMカード無しでの滞在を実験中。

個人的にネット接続がなくて困るのは、配車サービスのウーバー(Uber)とGoogleマップが使えなくなること。しかし無料Wi-Fiとオフライン設定を上手く活用すれば何とかなるので、その方法を実体験と共に紹介したいと思います!

今回のミッション

仕事が終わってから、UberとGoogleマップを駆使してシアトルの街中を移動してみます。

  1. Uberで郊外のカフェからダウンタウン(中心街)へ移動
  2. Nike Storeでランニングシューズを試し履き
  3. Barnes & Nobleで絵本を購入
  4. Uberでダウンタウンからホテルへ移動

Uberでダウンタウンへ

スタート地点は郊外にあるカフェ。無料Wi-Fiに接続してUberのアプリを開きます。

行き先を「Nike Seattle」で検索。現在地からの移動時間は約8分、料金は15ドル前後。夕方の通勤ラッシュなので料金が高騰していますね。。需要と料金がリアルタイムに連動しているのがUberの面白いところでもあります。

「Uber Xを確認」を押して配車リクエスト。この15分後にWilliamが運転するSaabが到着しました。

ナイキストアで撃沈

Uberに乗ってダウンタウンのナイキストアに向かいます。お目当は、ランニングシューズ「NIKE ZOOM VAPORFLY 4%」。超人気モデルで日本だとどこも在庫切れですが、さすがに本国アメリカであれば在庫があるでしょう。

10分ほどでナイキストアに到着。Uberは配車時にネット接続が必要ですが、一旦乗ってしまえば大丈夫。あとは現金もチップも払わずに降りるだけ。

お店に入ると店員さんに「NIKE ZOOM VAPORFLY 4%」が欲しいと単刀直入に伝えます。すると、人気すぎて入荷すらなかったとこと。。もうひとつの「NIKE ZOOM FLY」の方は在庫があったので試し履きしてみました。

サイズは以前、ナイキオンラインの計測サービス「Find Your True Fit」で8.5インチということがわかっていたのでスムーズです。しかし、8.5インチは在庫切れで9インチしかありませんでした。。試しに9インチを履いてみましたが、土踏まずの部分がちょっとタイト過ぎますね。。これならサイズがあってもちょっと難しいかもしれません。

子供たちのお土産を買いに書店へ

気を取り直して次は本屋へ。近くに大型書店のBarnes & Nobleがあるはずなのですが見当たりません。そこで、Googleマップで検索。Googleマップには「オフラインマップ」という機能を使えば、ネット接続がなくても検索や地図案内が使えます。

事前準備として、Wi-Fiに接続している状態で「オフラインマップ」>「自分の地図を選択」します。

ドラッグ・スクロールで地図のエリアを指定し、ダウンロードすると端末に地図データが保存されます。

そうするとネットに接続しなくても、地図の詳細が見れたり、道案内が使えたりします。ナイキストアから本屋まで徒歩2分。

ちなみにお土産の絵本は、ディズニーの「ズートピア」と「モアナと伝説の海」の絵本2冊と英語の歌の本を買いました。ディズニーの「Little Golden Book」シリーズは挿絵が綺麗で英語も簡単なのでオススメです!

Uberでホテルへ

最後は街中でUberを拾ってホテルへ向かいます。本屋が入居しているショッピングモール「Pacific Place」の無料Wi-Fiに接続してUberを起動。トヨタのハイランダーを無事に配車できました。

まとめ

以上、無料Wi-FiだけでUberとGoogleマップを使う方法についてまとめました。今回は街中を移動したので問題ありませんでしたが、Wi-Fiスポットの少ない郊外や田舎へ行く場合は、海外SIMフリーを買っていくのが無難です。

ぼくのオススメは「ZIP SIM」。通話+SMS+データ通信500MBが7日間使えて約2,500円とかなりお得です!

関連記事海外旅ランの必須アプリ「ウーバー Uber」をシドニーで使ってみた

B!

同じカテゴリの記事

女満別空港→網走の移動手段。バス、タクシー、電車の運賃・所要時間比較

ハングル文字を読めない人が、韓国で電車に乗る方法(ソウル~水原)

旅ハック」の記事一覧へ ▶︎