「世界6大マラソン」はエントリー受付が早い!シカゴは受付中

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

秋のマラソンシーズンもそろそろ終盤を迎えつつあります。海外では、ワールドマラソンメジャーズ(世界6大マラソン)のうち、ベルリンマラソン、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソンが9月~11月に開催されました。

東京マラソンほど倍率は高くないものの、ワールドマラソンメジャーズの大会だと、一般エントリー枠は例年2~5倍の抽選になるようです。

あと驚いたのが、エントリー受付のタイミングが早いこと。2016年大会が終わって間もないのに、ベルリンマラソンは既に受付終了(一般)、シカゴマラソンは受付中です。

元気なうちに世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finishers」の称号を手にするには、毎年1大会ぐらいのペースを目指さないと。抽選制なので、とりあえず応募しておこうかな。。

関連記事:世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう

ベルリンマラソン2017

第44回ベルリンマラソンは、2017年9月24日に開催予定。エントリーページをのぞいてみたら、一般エントリーはすでに締め切られていました。

エントリーページがとてもユニークで、ブランデンブルグ門の6つの柱をたどって、6つの部門から選ぶようになっています。

http://www.bmw-berlin-marathon.com/en/plan-your-race/registration-2017.html

エリートランナー(基本サブ3)、一般ランナー、グループランナーの部は既に締め切られています。ツアーオペレーターやチャリティ枠、車椅子枠はまだ空いているようです。

ジュビリー枠というのも用意されていて、過去にベルリンマラソンを累計10回以上完走しているランナーはエントリー枠が保証されています。 

シカゴマラソン2017

次回のシカゴマラソンは、2017年10月8日に開催予定。まだ326日あるというのに、エントリーを受けて付けています。一般エントリー枠(抽選)は、2016年11月29日まで受け付けています。

他にも、エリート枠(3時間15分以内完走)やレガシー枠(過去10年に5回以上完走)の特別枠が用意されており、そちらは抽選ではなく、出場が保証されているようです。

エントリー費用は、アメリカ国外の場合は220米ドル。高っっ!!

https://www.chicagomarathon.com/participant-information/registration/non-guaranteed-entry/

ニューヨークシティマラソン2017

次回のニューヨークシティマラソンは、2017年11月5日開催予定。エントリーの受付は、2017年1月17日から2017年2月17日までの1か月間です。

http://www.tcsnycmarathon.org/plan-your-race/run-in-2017

気になるエントリー費用は、アメリカ国外の場合、358米ドル!!!シカゴマラソン以上ですね。

とりあえず、来年に向けてシカゴマラソンにエントリーしてみようかな。

関連記事:世界6大マラソン制覇への第一歩。「シカゴマラソン2017」にエントリー!

B!

同じカテゴリの記事

【ベルリンマラソン2018】エントリー開始!公式サイトから応募する方法まとめ

【シカゴマラソン】大会レポート:フラットコースだが、寒暖の差が激しいので要注意

世界6大マラソンへの挑戦」の記事一覧へ ▶︎