世界6大マラソンのスポンサー企業を調べてみた。冠スポンサーは?

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

数千〜数万人が一堂に会するマラソン大会は、スポンサー企業にとって自社製品やサービスを売り込む絶好のチャンス。中でもワールド・マラソン・メジャーズ(世界6大マラソン)の大会は世界中から注目されるので広告効果は絶大です。

東京マラソン、ボストンマラソン、ロンドンマラソン、ベルリンマラソン、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソンが、それぞれどのようなスポンサー企業と提携しているのか調べてみました。(※2017年5月時点)

公式サイトを見ると、それぞれ20〜30の企業と提携しています。ここでは、1) 冠スポンサー、2) 飲料メーカー、3) 時計メーカー、4) スポーツメーカーに絞って紹介します。

東京マラソン

東京マラソン公式サイトのオフィシャルパートナーのページを見ると、全体的に日本企業が多いですね。東京メトロがプレミアムパートナーとして一番上に紹介されていますが、冠スポンサー(tilte sponsor)ではないので、「東京メトロ 東京マラソン」のような大会名にはなっていません。

  1. 冠スポンサー: なし
  2. 飲料メーカー: ポカリスエット(大塚製薬)
  3. 時計メーカー: セイコー
  4. スポーツメーカー: アシックス

ボストンマラソン

毎年4月にアメリカ東海岸のボストンで開催される「ボストンマラソン」は、世界最古のマラソン大会として知られています。ボストンマラソン公式サイトのスポンサーのページを見ると、地元ボストンの企業や団体が名を連ねています。スポーツドリンクは、全米シェアナンバーワンのゲータレード。

  1. 冠スポンサー: なし
  2. 飲料メーカー: ゲータレード 
  3. 時計メーカー: なし
  4. スポーツメーカー: アディダス

関連記事:アメリカのスポーツドリンク飲み比べ。トレンドはオーガニック志向?

ロンドンマラソン

イギリスの首都ロンドンで毎年4月に開催される「ロンドンマラソン」は、リチャード・ブランソン率いるヴァージン・グループのヴァージンマネー(Virgin Money)が冠スポンサーとなっています。なので大会名やロゴには必ず「ヴァージンマネー」の名前が入ります。正式名称は「Virgin Money London Marathon」。日本語だと「ヴァージンマネーロンドンマラソン」ですね。

ロンドンマラソン公式サイトのパートナー・スポンサーのページを見ると、ヨーロッパ系の企業が名を連ねています。

スポーツドリンクは全英シェアナンバーワンのルコゼード。2013年にサントリーが買収したので、厳密には日本企業ではありますが。

  1. 冠スポンサー: ヴァージンマネー
  2. 飲料メーカー: ルコゼード
  3. 時計メーカー: タグホイヤー
  4. スポーツメーカー: ニューバランス

関連記事:90年の歴史を誇る英国No.1スポーツドリンク「Lucozade(ルコゼード)」を飲んでみた

ベルリンマラソン

ドイツの首都ベルリンで毎年9月に開催される「ベルリンマラソン」は、あのBMWが冠スポンサーとなっており、正式名称は「BMW Berlin Marathon」、日本語では「BMWベルリンマラソン」となります。

ベルリンマラソン公式サイトのスポンサー・パートナーのページを見ると、ロンドンマラソン同様にヨーロッパ系の企業が散見されます。スポーツメーカーは、地元ドイツのアディダスです。

  1. 冠スポンサー: BMW
  2. 飲料メーカー: なし
  3. 時計メーカー: タグホイヤー
  4. スポーツメーカー: アディダス

シカゴマラソン

毎年10月に開催される「シカゴマラソン」は、「バンカメ」の愛称で親しまれるバンク・オブ・アメリカが冠スポンサーとなっています。正式名称は「Bank of America Chicago Marathon」。日本語では「バンクオブアメリカ シカゴマラソン」と長いですね。。

シカゴマラソン公式サイトのスポンサーのページを見ると、メリルリンチ、ナイキ、タタ・コンサルタンシー・サービシズ、アメリカン航空などの大企業が名を連ねています。スポーツドリンクは、ボストンマラソンと同じゲータレードです。

  1. 冠スポンサー: バンク・オブ・アメリカ
  2. 飲料メーカー: ゲータレード
  3. 時計メーカー: なし
  4. スポーツメーカー: ナイキ

ニューヨークシティマラソン

毎年11月に開催される「ニューヨークシティーマラソン」は、インドのタタ・グループ傘下のタタ・コンサルタンシー・サービシズが冠スポンサーとなっています。ただし、名前が長すぎるからなのか、頭文字の「TCS」に省略されています。正式名称は「TCS New York City Marathon」。日本語では「TCSニューヨークシティマラソン」です。

ニューヨークシティマラソン公式サイトのパートナーのページを見ると、airbnb(宿泊)やティファニー(宝飾)などちょっと変わった企業も名を連ねています。スポーツドリンクはここでもゲータレード。完全にアメリカを制覇していますね。

  1. 冠スポンサー: タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)
  2. 飲料メーカー: ゲータレード
  3. 時計メーカー: セイコー
  4. スポーツメーカー: ニューバランス

以上、ワールド・マラソン・メジャーズ(世界6大マラソン)のスポンサーに関するまとめでした。

B!

同じカテゴリの記事

【ベルリンマラソン2018】エントリー開始!公式サイトから応募する方法まとめ

【シカゴマラソン】大会レポート:フラットコースだが、寒暖の差が激しいので要注意

世界6大マラソンへの挑戦」の記事一覧へ ▶︎