読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

山中湖ロードレース 湖一周【ブログレポート】毎年走りたくなるマラソン大会

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

2019年5月26日に山梨県の山中湖で開催された「山中湖ロードレース」に参加してきました。昨年は「ハーフマラソン」の部に参加したので、今年は13.6kmコースの「湖一周」の部にチャレンジすることに。

レース当日は真夏日で、スタート時の気温は30度。暑さもさることながら、コース前半のアップダウンに脚をやられて苦しいレース展開となりました。

実際に走った感想をもとに、「山中湖ロードレース」の特徴や魅力をわかりやすく解説します!

毎年走りたくなるマラソン大会

山中湖ロードレースは、僕が二年連続で参加した数少ないマラソン大会のひとつ。レースを走り終えた後に、「また来年も走りたい!」と思える理由が3つあります。

富士山を見ながら走れる

富士五湖のひとつである山中湖は、富士山の絶景スポットでもあります。特にハーフ・湖1周のコースの8〜10kmは、富士山の頂上から裾野までが綺麗に見えます。

自然豊かなリゾート地

通常、遠方のマラソン大会はひとりで出かけますが、「山中湖ロードレース」は家族を連れて行きます。マラソン大会に参加しなくても、山中湖の豊かな自然に癒されます。

レース後のクルージング

一番の理由はこれですね。「山中湖ロードレース」は湖畔の道路が封鎖されるため、レース後はしばらくバス・自動車が利用できません。

代わりに、モーターボートや遊覧船を使って移動します。利用料金は無料。湖の上から眺める富士山も格別ですよ。

会場は山中湖中学校

「山中湖ロードレース」にエントリーすると、ナンバーカード引換証(ハガキ)が届きます。受付は、レースの前日または当日に山中湖中学校の敷地内にある会場で行います。今回はレースの前日に受付を済ませてきました。

無料シャトルバスで会場へ

今回は前泊したホテルから会場までは、車と無料シャトルバスで向かいました。

車は、会場から4kmほど離れた場所にある「山中湖交流プラザ きらら」の臨時駐車場にとめました。

そこから無料シャトルバスに乗ること約10分、スタート地点のある山中湖村役場に到着しました。

更衣室・荷物など

会場には、男女別の更衣室があり、荷物置き場も兼ねています。貴重品は専用の預け入れカウンターが設置されています。

トイレも数箇所に分かれて設置されているので、それほど並ばずに用を足すことができました。

アップダウンの多いコース

スタートは山中湖村役場から。反時計回りに山中湖を一周します。「湖一周」の部は、そのまま山中湖村役場へ向かってフィニッシュ。「ハーフマラソン」の部は、そのまま直進し、途中で折り返してから山中湖村役場でフィニッシュ。

以下は公式サイトのコースマップ。

意外と侮れないのが、コースのアップダウン。標高が1000m前後と高い場所にあり、フラットなように見えて、ちょっとしたアップダウンが多いコースです。特に6〜8kmは高低差40mほど上り坂があるコース最大の難所です。

ラスト数百メートルも上り坂になっており、地味に苦しみます。

山中湖村役場からスタート!

ここからレースの様子を写真とともにお届けします。

午前9時15分に「ハーフマラソン」がスタートすると、「湖一周」のランナーが山中湖村役場のスタート地点に整列を始めます。

この時点で気温は30度。山中湖と聞くと涼しい避暑地のイメージがありますが、この日は真夏のような暑さでした。スタート直前まで、なるべく日光に当たらないように木陰で待機します。

今回は最前の「Aブロック」からのスタート。瀬古利彦さんのトークを聴きながら号砲を待ちます。

3km付近。直射日光を遮るものがなく、ジリジリと太陽に焼かれていきます。この時点で既に「もう限界!」という感じでした。

4km付近。ここで富士山が姿を現します。

6km付近。コース最大の難所の上り坂に差し掛かります。ここはペースをグッと落として慎重に足を進めていきます。

坂の上に到達しました。なぜか坂(峠)の上には、お茶屋があるんですよね。

坂を下り、再び湖畔の道路に戻ると、富士山が綺麗に見えました。8〜10kmが富士山のビュースポットです。

湖を一周し、再び山中湖村役場に戻ってきました。ここから「ハーフマラソン」と「湖一周」のコースが分岐します。僕が右のレーンを走り、山中湖中学校を目指します。

ラスト数百メートルは上り坂になっており、地味に苦しかったです…。

本日のご褒美グルメはこちら。フィニッシュ会場で無料で振舞われていた「豚汁」です!走った後の豚汁ってなぜこんなのにも美味しいのでしょうか。

レース後はモーターボートへ

山中湖ロードレースのお楽しみはここから。会場周辺の道路は正午まで封鎖されているので、完走してからしばらくはバス・車が利用できません。

なので代わりに、湖上を行き来するモーターボートや遊覧船で移動します。運賃は無料。

以下は公式サイトより。

今回は「会場入口桟橋」からモーターボートで「富士汽船」に向かいます。

そこから遊覧船に乗り換えて、駐車場のある「きらら」へ湖上から向かいました。

さいごに

今回のレースの結果は、56分42秒でした。湖一周は13.6kmなので、平均ペースは4’07/km。納得のいくタイムではありませんが、暑さとアップダウンを考慮すれば、悪くない結果なのかもしれません。

ストラバのアクティビティはこちら。クリックするとコースの詳細が見れます。

それにしても、レース後のクルージングは最高でした。また来年も戻ってこようと心に誓いました!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run