YouTube「ともらんチャンネル」を開設して、最初の3ヶ月で学んだこと

2019.07.03 > 

YouTubeで「ともらんチャンネル」を開設してから、早くも3ヶ月が経ちました。
現在のチャンネル登録者数は121人、視聴回数は22,651回です。
これまでずっとブログ一筋でやってきたので、最初はまったくの手探り状態でした。やっと最近になって、アウトプットの動画をイメージしながら撮影ができるようになりました。編集に関しては、まだまだ課題が山積みです。
チャンネル開設から3ヶ月間で学んだことを、備忘録として残しておきます。

撮影カメラはレンタルで試す

僕はランニングしながら動画撮影をするので、撮影用のカメラはウェアラブルのアクションカメラが選択肢にありました。
最初に購入したのは「GoPro Hero7 Black」。最新の手ぶれ補正技術のおかげでヌルヌルした動画が撮れますが、装着の難しさによりランニング中の使用は断念。代わりに「ソニー FDR-X3000R」を購入し、キャップに装着してランニング動画を撮影しています。

今思えば、最近流行りのレンタルサービスを利用して、購入前に試しておけば良かったなと思います。まあ「GoPro」のほうは、ランニングシューズのレビュー動画の撮影に使っているので無駄にはなっていませんが。

編集はiPad Proが快適

こちらの記事でも書いていますが、僕はもともとMacBook Pro 13inchで動画を編集していましたが、もっさり感が耐えられず、iPad Proに乗り換えました。
MacBook Proは、2.3 GHz Intel Core i5/16Gなのでスペック的には悪くないはずですが、5分間の動画をAdobe Premire Proで書き出すのに10分以上かかりました。
一方で、iPad Proでは「Luma Fusion」という有料の動画編集アプリを利用しており、5分間の動画は1分足らずで書き出すことができます。

アップロードは真剣勝

ブログの場合は、誤字脱字があっても公開後でも簡単に編集できますが、YouTube動画の場合はそうはいきません。
一応、公開後の動画編集できる機能は揃っていますが、どうしても不自然な形での編集となってしまいます。過去に、公開した動画の中で僕の個人情報が映り込んでしまったことがあり、そちらは「ぼかし機能」を使って対応しました。
なので、YouTubeに動画をアップロードするときは緊張します。

サムネイルは超重要

YouTube動画をアップロードすると、YouTube側で適当にサムネイルを生成してくれますが、動画の魅力が伝わるサムネイルをしっかり作った方がおすすめです。
僕はPhotoShopで専用のサムネイルを作るようになってから、閲覧数が劇的に増えました。
ブログでもサムネイルは重要ですが、YouTubeでは超重要。

コメント欄は活用すべし

これは会社の同僚に教えてもらったのですが、視聴者は動画の説明欄よりもコメント欄を読むので、文章で伝えたいことはコメント欄にも記入して「固定表示」するのが良いとのことでした。
実際にやってみると、YouTube→ブログの流入が増えました。
ユーザの声はとても参考になります。

YouTube→ブログの流れを確保

グーグル検索でYouTube動画はかなり優遇されます。特定のキーワードで、検索結果1ページ目にブログ記事よりも動画が上に表示されることはよくあります。
チャンネルを開設した当初は、ブログからYouTubeへの流入が重要かと思いましたが、実際にはYouTubeからブログへトラフィックが流入し、ブログの新規ユーザ獲得に貢献してくれています。

動画でしか表現できないもの

マラソン大会のレポートにしろ、ランニングシューズのレビューにしろ、動画でしか表現できないことがたくさんあることに気がつきました。
そういう意味では、ブログとYouTubeの二刀流は理に叶っているのではないかと思います。
今後も両者の相乗効果を狙いながら、面白いコンテンツ作りを頑張ります。

さいごに

ブログを使ってYouTubeを伸ばしていこうとしたら、逆にYouTubeがブログを伸ばしてくれています。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事