読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

赤穂化成 熱中対策ゼリー【徹底レビュー】塩の専門メーカーが作ったパウチゼリー

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

近所のマルエツで夕飯のおかずを買っていたら、店頭で「熱中対策ゼリー」を見つけました。

いわゆるパウチゼリーという製品で、キャップを開けてプラスチックの口から飲むタイプのゼリーです。熱中症対策として塩分、カリウム、クエン酸などを配合。凍らせてシャーベットとしても楽しめます。

コンビニなどでよく見かける「inゼリー」や「アクエリアス」などの有名ブランドのものよりも安く、1個100円で販売していました。

「赤穂の天塩」を作っている会社

熱中対策ゼリー」を作っているのは、兵庫県赤穂市に本社を置く、赤穂化成株式会社(公式ホームページ)。

あまり馴染みのない社名かもしれませんが、「赤穂の天塩」と聞けばピンと来る人もいるかもしれません。「赤穂の天塩」は、赤穂化成の主力製品のひとつ。

そんな塩の専門メーカーである赤穂化成は、熱中症対策に特化したドリンクやゼリーを数多く手がけています。

熱中症対策に塩分補給は欠かせない

熱中症対策では、水分補給だけでなく、汗で失われた塩分も一緒に補給することが大切です。

熱中対策ゼリー」は、原材料に海洋深層水が使われており、水分と塩分を同時に補給することができます。

また、激しい運動で失われやすいカリウムやマグネシウムを配合。さらに、疲労回復に効くクエン酸も入っています。

柑橘系フレーバーがおすすめ

マルエツでは、サイダー味、日向夏、マンゴーの三種類があったので、ひとつずつ飲んでみました。

結論から言うと、柑橘系の日向夏以外は味が微妙でした。日向夏は柑橘系特有の酸味が効いて美味しくいただけました。

公式サイトを見ると、上の3つはすでに販売終了しているようですね。在庫処分だったから100円で安かったのかも。

凍らせてシャーベットに

熱中対策ゼリー」のパッケージに「凍らせてシャーベット」と書いてあったので、試しに冷凍庫で半日間冷やしてみました。

凍った状態だとカチカチですぐには飲めませんが、10〜20分すると解け始めます。ちなみに今回は、気温36度で行った30km走に持っていきました。ランニングベスト「Agile 2 Set」のポケットに入れると、ちょうど胸に当たって冷んやりします。

保冷剤としても使えるかも、と思いました。

それ以外にも、飲みかけの物をランニングキャップに入れて頭を冷やしたり、首筋に当ててクーリングしたりと、火照ったカラダを冷やすのに効果的でした。ただし、炎天下だとすぐに溶けちゃいますけどね。

さいごに

「熱中対策ゼリー」の他にも、「熱中対策水」というのがあるんですね。こちらも冷凍可能で良さげです。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎