熱中対策ゼリー レビュー:凍らせて飲むエナジーゼリー

塩の専門メーカーが作ったエナジーゼリーは、熱中症対策に有効な塩分、カリウム、クエン酸などを配合。さらに凍らせてシャーベットとしても楽しめるので、暑い季節のランニングにおすすめ。

赤穂化成 熱中対策ゼリー

この記事の目次

凍らせて飲むエナジーゼリー

今回紹介する「熱中対策ゼリー」を作っているのは、兵庫県赤穂市に本社を置く赤穂化成株式会社。あまり馴染みのない社名だが、「赤穂の天塩」と聞けばピンと来る人もいるはず。「赤穂の天塩」は、赤穂化成の主力製品のひとつだ。

そんな塩の専門メーカーである赤穂化成は、熱中症対策に特化した食品を展開しており、「熱中対策ゼリー」はその中の主力商品のひとつ。

最大の特徴は、凍らせてシャーベットとしても食べられること。暑い季節には、水分・塩分補給できるだけでなく、保冷剤としても使えるので一石二鳥だ。

近所のマルエツで、サイダー味・日向夏・マンゴーの3種類が置いてあったので、試しにひとつずつ買ってみた。

水分・塩分補給に最適

熱中症対策では、水分補給だけでなく、汗で失われた塩分も一緒に補給することが大切。

熱中対策ゼリー」には原材料に海洋深層水が使われており、水分と塩分を同時に補給することができる。また、激しい運動で失われやすいカリウムやマグネシウムを配合。さらに、疲労回復に効くクエン酸も入っている。

赤穂化成 熱中対策ゼリーの評価

常温10分でシャーベット状に

凍った状態だとカチカチですぐには飲めないが、常温で10分ほど放置すると溶け始める。

保冷剤としても使える

今回は、気温36度で行った30km走に持っていった。ランニングベストのポケットに入れると、ちょうど胸に当たって冷んやりする。保冷剤としても使えて一石二鳥だ。

ただしすぐに溶けてしまう

それ以外にも、飲みかけの物をランニングキャップに入れて頭を冷やしたり、首筋に当ててクーリングしたりと、火照ったカラダを冷やすのに効果的だった。ただし、炎天下だとすぐに溶けてしまう。

柑橘系がおすすめ

今回はサイダー味・日向夏・マンゴーの3種類を飲み比べてみたが日向夏以外は味が微妙だった。日向夏は柑橘系特有の酸味が効いて美味しかった。

赤穂化成 熱中対策ゼリー

あわせて読みたい