自費レビュー|熱中対策ゼリー レビュー:凍らせて飲むエナジーゼリー

エナジーゼリー熱中症予防

塩の専門メーカーが作ったエナジーゼリーは、熱中症対策に有効な塩分、カリウム、クエン酸などを配合。さらに凍らせてシャーベットとしても楽しめるので、暑い季節のランニングにおすすめ。

購入ガイド

赤穂化成 熱中対策ゼリー」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

凍らせて飲むエナジーゼリー

今回紹介する「熱中対策ゼリー」を作っているのは、兵庫県赤穂市に本社を置く赤穂化成株式会社。あまり馴染みのない社名だが、「赤穂の天塩」と聞けばピンと来る人もいるはず。「赤穂の天塩」は、赤穂化成の主力製品のひとつだ。

そんな塩の専門メーカーである赤穂化成は、熱中症対策に特化した食品を展開しており、「熱中対策ゼリー」はその中の主力商品のひとつ。

最大の特徴は、凍らせてシャーベットとしても食べられること。暑い季節には、水分・塩分補給できるだけでなく、保冷剤としても使えるので一石二鳥だ。

近所のマルエツで、サイダー味・日向夏・マンゴーの3種類が置いてあったので、試しにひとつずつ買ってみた。

水分・塩分補給に最適

熱中症対策では、水分補給だけでなく、汗で失われた塩分も一緒に補給することが大切。

熱中対策ゼリー」には原材料に海洋深層水が使われており、水分と塩分を同時に補給することができる。また、激しい運動で失われやすいカリウムやマグネシウムを配合。さらに、疲労回復に効くクエン酸も入っている。

赤穂化成 熱中対策ゼリーの評価

常温10分でシャーベット状に

凍った状態だとカチカチですぐには飲めないが、常温で10分ほど放置すると溶け始める。

保冷剤としても使える

今回は、気温36度で行った30km走に持っていった。ランニングベストのポケットに入れると、ちょうど胸に当たって冷んやりする。保冷剤としても使えて一石二鳥だ。

ただしすぐに溶けてしまう

それ以外にも、飲みかけの物をランニングキャップに入れて頭を冷やしたり、首筋に当ててクーリングしたりと、火照ったカラダを冷やすのに効果的だった。ただし、炎天下だとすぐに溶けてしまう。

柑橘系がおすすめ

今回はサイダー味・日向夏・マンゴーの3種類を飲み比べてみたが日向夏以外は味が微妙だった。日向夏は柑橘系特有の酸味が効いて美味しかった。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

赤穂化成 熱中対策ゼリー」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

凍らせた「アクエリアス ゼリー」を持って走りに出かければ、身体を冷やすための冷却剤としても使えるし、水分・ミネラルの補給にも役立つ。実際に使ってみて驚いたのは、走り始めてから30分経ってもまだ冷えていること。これがスポーツドリンクのような液体を凍らせたものだとすぐに溶けてしまうが、ゼリーを凍らせたものだと熱伝導が悪く、溶けにくいのだろう。

アクエリアス ゼリー 180g」の最新価格を今すぐチェック!

大正製薬がアスリート向けに開発した「リポビタン for Sports」シリーズ。今回は、凍らせて飲む「リポビタン アイススラリー for Sports」を紹介する。運動時に失われやすい塩分やクエン酸、ビタミンB1・B2・B6等が補給出来るだけでなく、冷却剤としても使えるので、暑い季節のランニングの熱中症対策におすすめだ。

リポビタンアイススラリー for Sports」の最新価格を今すぐチェック!

#エナジーゼリー#熱中症予防

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。