オールスポーツ(All Sports)でマラソン大会の写真を閲覧・ダウンロードする方法

更新:

オールスポーツ(All Sports)でマラソン大会の写真を閲覧・ダウンロードする方法

マラソン大会に出たことある人なら「オールスポーツ」の名前は聞いたことあると思います。コースの沿道で「撮影」のビブスを着て撮影しているカメラマン。メジャーなマラソン大会だと、ほとんどが「オールスポーツ」がマラソンフォトを管理しています。

今回初めて、オールスポーツで《長野マラソン》の写真を購入・ダウンロードしてみました。

オールスポーツとは?

正式名称は、オールスポーツコミュニティ。マラソン、サッカー、チアダンス、新体操、野球など、あらゆるスポーツの写真を販売しています。

運営会社は、株式会社フォトクリエイト(本社:東京都新宿区)。経営理念は、ITを最大限活用した「フォトライフ構想」の実現とあり「写真 × IT」を強みにしています。

その一例が、マラソン大会の写真をナンバーカードの番号で自動的に仕分けするシステム。ぼくが「1111」のナンバーカードを付けていたとすれば、何万、何十万枚もの写真の中から「1111」の入った写真をコンピューターが自動的に選び出してくれます。さすがに目視だと無理ですからね。

写真の種類と値段

基本的に写真はデジタルデータとして、オールスポーツが保管しています。

気に入った写真があれば、1)データ、2)プリント、3)その他(キーホルダーなど)の形式で購入が可能。

値段はイベントやサイズ・種類によって異なるとのこと。自分の写真のページを開くと、価格表が確認できます。

また、掲載期間が終了し、再掲載期間に購入すると値段が1.5倍〜になります。購入するなら掲載期間中がお得ですね。

参考までに、長野マラソンの場合(掲載期間中)東京マラソンの場合(再掲載期間中)の値段を比べてみました。

写真タイプ 長野マラソン 東京マラソン
2L判 プリント 1,620円 3,240円
A4判 プリント 3,240円 4,860円
データCD(1カット) 2,980円 6,480円
ダウンロード(1カット) 2,980円 6,480円
スペシャルデータセット 8,980円 32,400円

値段を見て思うのは「高っっ!!!」。一応、まとめ買いの割引制度はあります。

  • 10枚以上ご購入の方 → 10%OFF
  • 20枚以上ご購入の方 → 15%OFF
  • 30枚以上ご購入の方 → 20%OFF

一番安いやつでも10枚買ったら1万5000円ぐらいですよね。一生に一度のマラソン大会だったら、わからなくもないですが、自分が写っているマラソンフォトにこの値段は高すぎます…。

購入の流れ

でも今回は写真を有効活用する方法を思い付いたので、試しに購入してみることにしました。

ぼくは写真をすべてデジタルデータで管理しているのですが、ダウンロード版は1カットで2980円!それよりも、全部の写真がダウンロードできる「スペシャルデータセット」を選びました。値段は8980円。ぼくの場合、写真が64枚あるので1枚あたり145円。

スペシャルデータセットは、ナンバーカード(ゼッケン)番号検索で表示されたすべての写真データとイメージカット(風景写真)を収録した商品です。

❶ イベントのページへ

オールスポーツコミュニティーのサイトでイベントを検索します。イベントによっては、閲覧パスワードを求められる場合があります。

❷ ナンバーカードで検索

イベントで着用したナンバーカードを入力して検索します。

❸ 写真を選択

ナンバーカードにひもづく写真が表示されます。ぼくの場合は全部で62枚。

購入したい写真と、写真の種類を選びます。今回ぼくはデジタルデータが全部ダウンロードできる「スペシャルデータセット」を選択。

❹ 料金の支払い

必要な情報を記入して料金を支払います。会員登録をしなくても購入できます。

❺ 写真のダウンロード

すぐにダウンロードできるのかと思いきや、ダウンロードの準備ができるまでに1日〜3日かかるそうです。

ダウンロードデータお届けの準備ができ次第、ダウンロードURL・ダウンロードキーのお知らせメールをお送りします。
お届けには、1~3営業日ほどお時間がかかります。しばらくお待ちください。状況によっては前後する場合がございますのでご了承ください。
3営業日が経っても届かない場合は、お手数ですがお問い合わせ窓口までご連絡ください。
※ダウンロード可能期間は、ダウンロードURLメールのお届けから90日間です。
※期間内にダウンロードし、必ずご自身のパソコンに保存してください。

注文日の翌日朝、「【オールスポーツコミュニティ】ダウンロードURL・ダウンロードキーのお知らせ」と題したメールが届きました。

メールに記載されているダウンロードキーと電話番号(注文時に登録したもの)を入力すると、ダウンロード画面にアクセスできます。ダウンロードの有効期限はダウンロードURLのお届けから90日間なので注意が必要です。

写真の利用

写真は一括または個別にダウンロードできます。ちゃんと64ありました。

データサイズは写真によって異なりますが、長辺のサイズは2000〜3000px、ファイル容量は2〜5MB

ダウンロードした写真の利用については、以下の説明書きがありました。

個人的な利用の範囲内であれば、お近くの写真店やご家庭のプリンターなどでプリントができます。また、ご自分のみが写っている写真に限り、個人的なホームページやブログにアップロードして使用することが可能です。その際には、必ず写真の周囲に「(C)allsports.jp」と記載し、可能であれば当サイトのリンクを貼ってください。なお、販売後も写真の著作権は(株)フォトクリエイトに帰属します。

要するに、

  • ブログでの掲載は可能
  • ただしコピーライトの記載が必要
  • 著作権はフォトクリエイトが持つ

長野マラソンの写真公開

ということで、長野マラソンの写真を3枚掲載します。自分以外の人が写らないように、サイズ加工・クロップしています。

こちらは30kmあたりかな。まだ元気な頃です。


(C)allsports.jp

40km地点。ここは一番しんどいところでした。写真を撮られていることも気づかず。


(C)allsports.jp

ゴール直前。もう脚が上がっていないですね。


(C)allsports.jp

写真を購入した本当の理由

以上、オールスポーツコミュニティーで写真を購入・ダウンロードする方法を紹介しました。

今回、8980円を出してまで《長野マラソン》の写真を購入したのには、ちゃんと理由があります。それは、自分のランニングフォームの分析に役立てるため

自分が走っている姿を写真で撮影するのは難しいですよね。「全力」で走っている姿を撮るのはなおさらです。今回ぼくは《長野マラソン》で「全力」を出し切りました。自己ベストを大幅に更新できましたが、自分なりに「課題」も発見できたレースでした。


(C)allsports.jp

その課題を深堀りするために、62枚の写真をじっくり観察しようと思います。何か役立つことがわかったら記事にして紹介します。

ワンポイントアドバイス

オールスポーツコミュニティのマラソンフォトは「高い」。というか「高すぎる」。

まあ、1〜2枚くらいなら今後も「記念」に購入することはあるかもしれませんが、「スペシャルデータセット」を買うのは恐らく今回限りでしょう。

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧