ふるさと納税2021:ランナーにおすすめの返礼品3選

以前はふるさと納税の返礼品で、ランニングウォッチやマラソン大会出走権をもらうことができた。しかし2021年は返礼品の選択肢が狭まり、プロテインやエナジージェル、ランニングソックスあたりがランナーにおすすめだ。

コカ・コーラ 250ml缶

ランニング用じゃないけれど、ふるさと納税で一番リピートしているのはコカ・コーラの250ml缶。いつもランニングの後にプシュッと空けるのが、自分へのささやかなご褒美だ。

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

ふるさと納税とは

ふるさと納税は、自分の生まれ故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度。手続きが必要だが、寄付金のうち2,000円を超える金額については所得税の還付や住民税の控除の対象となり、寄付金額に応じて返礼品がもらえる。

僕は2015年からふるさと納税を利用しており、ランニング関連の返礼品を選ぶことが多い。

例えば上の写真は「ザバス ミルクプロテイン 脂肪0」の200mlパック24本入りのケース。ネット通販で買うと2,500円〜3,000円するが、ふるさと納税で13,000〜15,000円寄付すると商品が自宅に届く。

年収に基づく上限金額の範囲内であれば、寄付金から2,000円を差し引いた分は還付・控除されるので、実質2,000円で返礼品がもらえる。

2021年のトレンド

返礼品の傾向としては、2018年まではGarminやEpsonのランニングウォッチなど高額商品が返礼品でもらえた時期があった。しかし2019年にふるさと納税の制度規制が入って以降はランニングウォッチは見かけない。

商品以外では、マラソン大会の出走権も人気の返礼品のひとつ。しかしこれも新型コロナが感染拡大した2020年以降はあまり見かけなくなった。

2021年は選択肢がずいぶん狭まってしまったが、プロテインやエナジージェル、ランニングソックスなどがおすすめだ。

【1】ザバス ミルクプロテイン

ザバス ミルクプロテイン 脂肪0」は、明治のザバス(SAVAS)ブランドのプロテイン飲料シリーズ。プロテインを粉から作る必要がなく、そのままゴクゴク飲めるのが特徴。

200mlパックで携帯しやすく、常温保存も可能。体内に吸収されやすい「速攻吸収製法」で作られており、運動の後のリカバリードリンクとしておすすめだ。

寄付先の自治体は「京都府 京田辺市」。寄付額14,500円を支払うと、200mlパック24本入りが返礼品がもらえる。

ふるさとチョイスのページを見る

【2】マグオン エナジージェル

マグオン エナジージェル」は、1袋でカロリー120kcalと必須ミネラルのマグネシウムが補給できる。カフェイン入りタイプもあるので、レースで戦略的に使い分けながらエネルギー補給が可能。

原料のマグネシウムには、兵庫県赤穂市に本社を置くタテホ化学工業株式会社の水溶性マグネシウムを使用している。国産なので安心だ。

寄付先の自治体は「兵庫県 赤穂市」。寄付額10,000円を支払うと、レモン味5個、ピンクグレープフルーツ味5個、青みかん味5個の合計15個のセットがもらえる。

ふるさとチョイスのページを見る

【3】ガッツマン ランニング五本指ソックス

ガッツマン(GUTS-MAN)は、自衛隊員向けに作られたソックスブランド。100km行軍用ソックスから一般向けの登山・ウォーキングソックスまである。こちらで扱っているのは、ガッツマンが老舗靴下メーカーとコラボしたランニング用の五本指ソックス。

足裏に合計1,436個のマイクロドットストッパーを装着し、シューズとの密着力を高めているのが特徴だ。

寄付先の自治体は「奈良県 橿原市」。寄付額5,000円を支払うと、返礼品として「ガッツマン ランニング五本指ソックス」がもらえる。

ふるさとチョイスのページを見る

その他のお気に入り返礼品

以下はランニングアイテムではないが、個人的にリピートしている返礼品。

オホーツク産の大粒ホタテ(冷凍)

冷凍ホタテは刺身やバター焼きにすると美味しく食べられる。特に大粒のものは食感がよくて食べ応えがある。冷凍庫にストックしておけば長期保存できるし、夕飯の食材がない時には、炒め物に入れたり、チャーハンの具にしたり、と我が家の食卓では大活躍だ。ホタテはタンパク源としても優秀。

ふるさとチョイスのページを見る

海鮮醤油漬けセット(冷凍)

1食分ずつ真空パックされた海鮮漬けセットは、解凍して熱々のご飯に乗っけるだけで美味しくいただける。特におすすめなのが「松浦港 海鮮醤油漬けセット」。カチカチの冷凍状態から流水に3分ほど浸すだけで食べられる状態になり、種類もアジ・サバ・ぶりなどがある。コロナで在宅勤務が増え、自宅での昼食はこれで済ませることが多い。

ふるさとチョイスのページを見る

コカ・コーラ 250ml缶

とにかくコカ・コーラが大好き。以前はスーパーで300mlボトルを買っていたが、250ml缶のほうがかさばらないし、飲んだ後の処分も楽なことに気づいた。しかも50ml分少ないので、より健康的とも言える。

ふるさとチョイスのページを見る

関連情報

コカ・コーラ 250ml缶

ランニング用じゃないけれど、ふるさと納税で一番リピートしているのはコカ・コーラの250ml缶。いつもランニングの後にプシュッと空けるのが、自分へのささやかなご褒美だ。