マグオン エナジージェル レビュー:水溶性マグネシウム配合のジェル

マグオン(Mag-on)のマグは、マグネシウム(Magnesium)を意味する。1袋でカロリー120kcalと必須ミネラルのマグネシウムが補給できる。カフェイン入りタイプもあるので、レースで戦略的に使い分けながらエネルギー補給ができる。

マグオン エナジージェル お試し

この記事の目次

水溶性マグネシウム配合のジェル

今回紹介する「マグオン エナジージェル」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、120kcalのカロリーに加えて、必須ミネラルのひとつであるマグネシウムが補給できること。

原料のマグネシウムには、兵庫県赤穂市に本社を置くタテホ化学工業株式会社の水溶性マグネシウムを使用している。国産なので安心だ。

41gのフラットパック

マグオン エナジージェル」はフラットパックなのでかさばらない。小さなポケットにも収納できるし、ウエストポーチなら10袋ぐらいは余裕で入るだろう。

重さ41gで120kcalのカロリーが摂取できるので、エネルギーの変換効率は悪くない。

フレーバー(味)の種類は豊富で、カフェイン入りタイプと、カフェインなしのタイプがある。まずは各フレーバーが1袋ずつ入った「お試しパック」を使ってみるのがおすすめだ。

カフェイン入り

カフェイン入りタイプは以下の3種類。いずれも1袋に25mgのカフェインを配合している。「ラフランス」フレーバーは販売終了になった。

ピンクグレープフルーツ レモン 青みかん
栄養成分 エネルギー120kcal、炭水化物30g、たんぱく質0g、食塩相当量0g、脂質0g、マグネシウム50mg、カフェイン25mg エネルギー120kcal、炭水化物30g、たんぱく質0g、食塩相当量0g、脂質0g、マグネシウム50mg、カフェイン25mg エネルギー120kcal、炭水化物30g、たんぱく質0g、食塩相当量0g、脂質0g、マグネシウム50mg、カフェイン25mg
原材料 マルトデキストリン、果糖、グレープフルーツ果汁/クエン酸、香料、リンゴ酸、水酸化マグネシウム、グリシン、カフェイン マルトデキストリン、果糖、レモン果汁/クエン酸、リンゴ酸、香料、水酸化マグネシウム、グリシン、カフェイン マルトデキストリン、果糖、青みかん果汁/クエン酸、リンゴ酸、香料、水酸化マグネシウム、グリシン、カフェイン

カフェインなし

カフェインなしのタイプは以下の3種。いずれパックの色が黒なので、カラフルなカフェイン入りタイプと区別がしやすい。

アップル グレープフルーツ
栄養成分 エネルギー120kcal、炭水化物30g、たんぱく質0g、食塩相当量0.14g、脂質0g、マグネシウム50mg エネルギー120kcal、炭水化物30g、たんぱく質0g、食塩相当量0.14g、脂質0g、マグネシウム50mg エネルギー120kcal、炭水化物30g、たんぱく質0g、食塩相当量0.14g、脂質0g、マグネシウム50mg
原材料 マルトデキストリン、果糖、リンゴ果汁/クエン酸、クエン酸ナトリウム、リンゴ酸、香料、水酸化マグネシウム、グリシン マルトデキストリン、果糖、グレープフルーツ果汁/クエン酸、クエン酸ナトリウム、リンゴ酸、香料、水酸化マグネシウム、グリシン マルトデキストリン、果糖、ウメ果汁/クエン酸、クエン酸ナトリウム、リンゴ酸、香料、水酸化マグネシウム、グリシン

マグオン エナジージェルの評価

ここからは実際に「マグオン エナジージェル」を飲んでみて気づいた点をまとめていく。

ランニングに携帯しやすい

内容量は41g。フラットパックなのでかさ張らず、持ち運びしやすい。週末の長距離走なら2袋、フルマラソンなら4〜5袋を携帯しても邪魔にならないサイズだ。

水なしでも飲める

サラッとした食感は液体に近く、ランニング中でも飲みやすい。しかも水なしで飲んでも口の中がベトベトしない。

ピンクグレープフルーツがおすすめ

お試しパック」でラフランス、ピンクグレープフルーツ、レモン、アップル、グレープフルーツ、ウメの6種類を飲み比べてみたが、個人的には「ピンクグレープフルーツ」があと味さっぱりで一番気に入った。

マグオン エナジージェル お試し

あわせて読みたい