メディキュット レビュー:寝ながら疲労ケアできる着圧ソックス

以前からCMでよく見かける「メディキュット(MediQttO)」という着圧ソックスが気になっていた。医学に基づく段階圧力設計により、履いて寝るだけで足首とふくらはぎが引き締まり、翌朝の脚がキュッと軽くなるという魔法のソックス。「男性が履いていいのかな」「妻や娘にキモいって言われたらどうしよう」と悩むが、ジェンダーバイアスに囚われるのもおかしいと思い、買ってみることにした。 実際に履いてみると、ランニングで疲れた脚がひと晩で軽くなった。特にポイント練習の後に履くと効果的。

メディキュット 寝ながら ショート

メディキュット 寝ながら ショート」はドラッグストアやネット通販サイトなどで販売している。

この記事の目次

寝ながら疲労ケアできる着圧ソックス

今回購入したのは、「メディキュット 寝ながら ショート」。メディキュットにはいろんなバリエーションがあるが、こちらは膝下までの短いタイプ。

主な特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、独自の段階圧力設計が生み出す絶妙な着圧。足首は21hPa、ふくらはぎは16hPa、と言われてもピンとこないかもしれないが、引き締め具合がキツすぎず、ユルすぎず、長時間履いていても心地よいレベルだ。

ちなみに「メディキュット」は英国の医療用ストッキングにルーツを持血、圧力値は英国の圧力基準規格をもとに設計されているという。

可愛すぎるのが唯一の難点

こちらが実物。ラベンダー&ピンクの配色が可愛すぎて、男性が履くにはちょっぴり恥ずかしい。

メディキュットの評価

サイズは「M」と「L」の2段階しかない。女性をターゲットにしているので、男性なら大きいほうが良いかと思い「L」を選んだ。サイズ的にちょうど良い。

上部(ピンクの部分)には、膝下で固定されるように伸縮性に優れた素材を配置している。

足首は寝ている姿勢にあわせたフラット設計になっているのが特徴。

真ん中(ラベンダーの部分)は脚をキュッと締め付けるが、通気性が良いので汗で蒸れたりベタついたりしない。すね毛が濃いのでメッシュ素材の間からはみ出してしまうのが難点、というか、自分で見ても気持ち悪いな。。

就寝用だが、起きている時でも使える。こんな感じでズボンの下に履けばそんなに違和感はないと思う。

とはいえ、夏場はハーフパンツなので、ラベンダー&ピンクのタイツを履いているように見える。意外にも、妻と娘の反応は悪くなかった。ただ「履いてみる?」と聞いたら、冷たく断られてしまった。

メディキュット 寝ながら ショート

メディキュット 寝ながら ショート」はドラッグストアやネット通販サイトなどで販売している。

あわせて読みたい