tomo.run

「ボディレシピ フットリフレッシュ」レビュー:はさみ揉み可能

「ボディレシピ フットリフレッシュ」レビュー:はさみ揉み可能

ランナーに欠かせないのが足裏のマッサージ。これまで青竹、ボール、指圧棒を試してきたが、最強のアイテムに出会ったので紹介します。

その名は「ボディレシピ フットリフレッシュ」。足裏だけでなく、足の側面のはさみ揉みにも対応しています。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

はさみ揉みもできる足裏マッサージ

「フットリフレッシュ」の特徴は以下のとおり。

  • 踏んで、転がして、足裏のツボ押しに対応
  • 側面のはさみ揉みにも対応
  • 硬さは「ソフト」と「ハード」の2種類
  • 製造・販売はベス工業株式会社(VeSS)
  • 定価は税込1,320円

最大の特徴は、足裏だけでなく、足の側面のはさみ揉みができること。踏んで転がして足裏をマッサージするタイプは多く見かけますが、はさみ揉みができるのは珍しいですよね。

しなやかに曲がる支柱の部分に秘密があります。踏み込むと支柱が曲がり、側面から挟みもみする仕組みです。よく考えられているなと感心します。

この曲がり方に2種類あり、ぐいっと曲がるのが「ソフト」モデル、じんわり曲がるのが「ハード」モデル。ちゃんとしたマッサージ感が欲しい人は「ハード」を選ぶと良いでしょう。

ハード(しっかりめ)とソフトの2種類

それでは「フットリフレッシュ」を詳しく見ていきましょう。

まずはパッケージから。今回選んだのは「ハード」モデル。落ち着いたラベンダーカラーです。ちなみに「ソフト」モデルは情熱的なレッドカラー。

裏面には使い方がイラスト付きで書いてあります。

こちらがフットリフレッシュの本体。支柱の部分にある2つの「揉み玉」が足裏を揉み、両側の「揉み輪」が足の両サイドを包みます。

支柱の部分が弾力性があり、踏むとじんわりと曲がります。

使ってみた感想

ここからは実際に「フットリフレッシュ」を使ってみた感想をまとめます。

挟みもみ最高!

やはり足の側面がマッサージできるのが良いですね。側面には肩、上腕、肘、膝、肩甲骨、背中、腰の反射区があるので、ランニングで疲れた身体を癒すのに便利です。

踏んで転がしながら、つま先からカカトまで満遍なくマッサージするよりも、ピンポイントで指圧する方が気持ち良く感じます。

動画で見るとわかりやすいです。

ゴミが付着しにくい

フットリフレッシュは「オレフィン系エラストマー」という、シリコンよりも硬く、プラスチックよりも柔らかい素材で出来ています。

肌触りが良く、シリコンみたいにゴミやホコリが付着しないのが嬉しいポイント。

足裏はちょっと惜しい

支柱の中央に突起が2つあり、ここで足裏をマッサージできます。これ自体は気持ち良いのですが、側面が付いているがために、場所をアジャストできないのが残念です。

例えばマッサージボールなら足裏の右側とかピンポイントで指圧できますが、フットリフレッシュは足裏の中央線に沿ってしかマッサージできません。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「ボディレシピ フットリフレッシュ」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

ボディレシピ フットリフレッシュ