自費レビュー|ボディレシピ フットリフレッシュ:はさみ揉みもできる足裏マッサージ

リカバリー

ランナーに欠かせないのが足裏のマッサージ。これまで青竹、ボール、指圧棒を試してきたが、最強のアイテムに出会ったので紹介したい。その名は「ボディレシピ フットリフレッシュ」。足裏だけでなく、足の側面のはさみ揉みにも対応している。女性がメインターゲットなのでデザインがオシャレすぎるのが難点。アラフォーのオッサンが使うのはちょっと恥ずかしい。

購入ガイド

ボディレシピ フットリフレッシュ」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

はさみ揉みもできる足裏マッサージ

「フットリフレッシュ」の特徴は以下のとおり。

  • 踏んで、転がして、足裏のツボ押しに対応
  • 側面のはさみ揉みにも対応
  • 硬さは「ソフト」と「ハード」の2種類
  • 製造・販売はベス工業株式会社(VeSS)
  • 定価は税込1,320円

最大の特徴は、足裏だけでなく、足の側面のはさみ揉みができること。踏んで転がして足裏をマッサージするタイプは多く見かけるが、はさみ揉みができるのは珍しい。

しなやかに曲がる支柱の部分に秘密がある。踏み込むと支柱が曲がり、側面から挟みもみする仕組みだ。よく考えられているなと感心する。

この曲がり方に2種類あり、ぐいっと曲がるのが「ソフト」モデル、じんわり曲がるのが「ハード」モデル。ちゃんとしたマッサージ感が欲しい人は「ハード」を選ぶと良い。

ハード(しっかりめ)とソフトの2種類

それでは「フットリフレッシュ」を詳しく見ていこう。

まずはパッケージから。今回選んだのは「ハード」モデル。落ち着いたラベンダーカラーだ。ちなみに「ソフト」モデルは情熱的なレッドカラー。

裏面には使い方がイラスト付きで書いてある。

こちらがフットリフレッシュの本体。支柱の部分にある2つの「揉み玉」が足裏を揉み、両側の「揉み輪」が足の両サイドを包む。

支柱の部分が弾力性があり、踏むとじんわりと曲がる。

ボディレシピ フットリフレッシュの評価

ここからは実際に「フットリフレッシュ」を使ってみた感想をまとめていく。

挟みもみ最高!

やはり足の側面がマッサージできるのが良い。側面には肩、上腕、肘、膝、肩甲骨、背中、腰の反射区があるので、ランニングで疲れた身体を癒すのに便利だ。

踏んで転がしながら、つま先からカカトまで満遍なくマッサージするよりも、ピンポイントで指圧する方が気持ち良い。

動画で見るとわかりやすい。

ゴミが付着しにくい

フットリフレッシュは「オレフィン系エラストマー」という、シリコンよりも硬く、プラスチックよりも柔らかい素材で出来ている。

肌触りが良く、シリコンみたいにゴミやホコリが付着しないのが嬉しい。

足裏はちょっと惜しい

支柱の中央に突起が2つあり、ここで足裏をマッサージできる。これ自体は気持ち良いが、側面が付いているがために、場所をアジャストできないのが残念。

例えばマッサージボールなら足裏の右側とかピンポイントで指圧できるが、フットリフレッシュは足裏の中央線に沿ってしかマッサージできない。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

ボディレシピ フットリフレッシュ」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

#リカバリー

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。