ブラッキューブ(BLACKUBE)キャップライトの評価&レビュー。充電式ライトで夜のランニングも安心

最終更新日:

帽子のつばに装着して、頭上から足元を照らすキャップライトをご紹介。真っ暗闇でも、足元から1〜2m先まで見渡せると、夜でも安心してランニングが楽しめます。

この記事のもくじ

ブラッキューブ(BLACKUBE)キャップライトの評価&レビュー。充電式ライトで夜のランニングも安心

ここ最近、暗闇の中を走ることが多くなりました。

僕は朝ランが苦手なので、仕事がある平日は一旦帰宅してから走りに出かけます。早い時は19時台、遅い時は21時台。いずれにしろ外は真っ暗です。

そんな夜ランで活躍するのが、眩しい光を放つ「ライト」。暗闇の中で自分の居場所を知らせたり、足元を照らしたりすることで、怪我や事故のリスクが低減します。

以前、当ブログで紹介したサルレノ(SALERNO)のLEDライトも夜ランの頼れる相棒です。ただ、サルレノのLEDライトは、足元を照らすにはやや力不足でした。

そこで今回、自分の足元から1〜2m先まで照らしてくれる強力なライトを新たに購入しました。紹介するのは、ブラッキューブ(BLACKUBE)のキャップライトという商品です。

ブラッキューブ(BLACKUBE)のキャップライト

「キャップライト」とは、あまり聞き慣れない言葉ですが、キャップ(帽子)のつばに装着して、足元や前方を照らすライトのこと。

ランニング専用というわけではなく、暗い所での登山やサイクリング、夜釣りなどに使われています。

アマゾンで注文したら、こんなコンパクトなパッケージで届きました。

僕が注文した時の価格は、1699円(税込)。

中身は以下の3点のみ。

  • キャップライト本体
  • 充電用のUSBケーブル(MicroB)
  • 取扱説明書

操作はとても簡単。本体の上のボタンをギュッと押すだけ。1回押すとライト(強)が点灯し、もう1回押すとライト(弱)になり、さらにもう1回押すと消灯します。

本体の下の部分はクリップになっており、角度調整が可能。これだけ見ると「なんの意味があるんだろう?」と疑問に思いますが、あとでわかります。

この手のライトは豆電球を使うことが多いですが、ブラッキューブ(BLACKUBE)のキャップライトはUSBで繰り返し充電できる「充電式」です。充電中は、本体の上のボタンが赤く点灯します。

頭上から足元を照らすライト

まずは自宅で試着してみました。以下のように、キャップのつばにクリップを挟んで装着します。頭を強く振ってもキャップライトが落ちる心配はなさそうです。

部屋を真っ暗にしてライトを点灯してみました。広がりのあるビームが特徴です。

クリップの部分は角度調整が可能。つまり、足元を照らしたり、以下のように斜め下(足元の1〜2m先)を照らすこともできます。よく考えられていますね!

ちなみに本体は「IPX5」の防水仕様。汗でビッショビショになっても安心です。

それでは早速、夜ランで使ってみたいと思います。

夜ランでの実戦レビュー

こんな感じで、夜のさいたま市を 12km走ってきました。

ライト(強)の明るさは、55lm(ルーメン)。と言われても、ピンと来ないですよね。以下は、頭上から足元を照らした様子です。真下を照らすと、半径1mの様子はクリアに見えます。

ちなみに履いているランニングシューズは、「ナイキ エア ズーム ペガサス35」。暗闇でもくっきりと見えますね。

手元のガーミンGPSウォッチもバッチリ見えます。

ランニング中の様子を動画で撮影してみました。ちょっと分かりづらいかもしれませんが、足元から1〜2m先が明るくなっています。これは便利ですね!

まとめ

足元を照らすのもいいですが、足元から1〜2m先を照らしてくれるのはもっと有り難いです。行先の状態が確認できると安心して走れます。

More
あわせて読みたい

Profile
プロフィール

埼玉県さいたま市在住のマラソンブロガー&IT会社員&二児パパ。地元浦和から世界の果てまで、そこに道があれば走っています。マラソン遠征や大会レポ、話題のランニングシューズや最新ガジェットのレビューをブログで発信中。