徹底レビュー|BLACKUBEキャップライト:頭上から照らすランニングライト

個人的には、最強のランニングライト。ワンタッチでキャップのつばに装着でき、頭上から足元を明るく照らせる。USB充電で繰り返し使える。

#ライト

とも

BLACKUBE キャップライト」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

頭上から照らすランニングライト

最近、夜道を走ることが多くなった。僕は朝ランが苦手なので、仕事がある平日は一旦帰宅してから走りに出かける。早い時は19時台、遅い時は21時台。

そんな夜ランで活躍するのが、眩しい光を放つライト。暗闇の中で自分の居場所を知らせたり、足元を照らしたりすることで、怪我や事故のリスクが軽減できる。

今回紹介する「BLACKUBE キャップライト」は、ワンタッチでランニングキャップに装着でき、足元から1〜2m先を照らしてくれるライト。USB充電に対応しているので、電池交換の必要もない。

角度調整ができるので、遅いペースで走るときは足元を、速いペースで走るときは足元から1〜2m先を照らす、といった調整も可能。

USB充電で繰り返し使える

今回はAmazonで「BLACKUBE キャップライト」を注文した。

中身は以下の3点。

  • キャップライト本体
  • 充電用のUSBケーブル(MicroB)
  • 取扱説明書

操作はとても簡単。本体の上のボタンをギュッと押すだけ。1回押すとライト(強)が点灯し、もう1回押すとライト(弱)になり、さらにもう1回押すと消灯する。

本体の下の部分はクリップになっており、角度調整が可能。

この手のライトは豆電池を使うことが多いが、「BLACKUBE キャップライト」はUSBで繰り返し充電できる充電式です。充電中は、本体の上のボタンが赤く点灯する。

本体は「IPX5」の防水仕様。汗でビッショビショになっても安心だ。

BLACKUBE キャップライトの評価

ここからは、実際に「BLACKUBE キャップライト」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

キャップに装着

まずは自宅で試着。以下のように、キャップのつばにクリップを挟んで装着する。頭を強く振ってもキャップライトが落ちる心配はなさそう。

ビームライトで足元を照らす

部屋を真っ暗にしてライトを点灯してみた。広がりのあるビームが特徴。

角度調整が可能

クリップの部分は角度調整が可能。つまり、足元を照らしたり、以下のように斜め下(足元の1〜2m先)を照らすこともできる。

夜ランで使ってみた

こんな感じで、夜のさいたま市を 12km走ってきた。

ライト(強)の明るさは、55lm(ルーメン)。以下は、頭上から足元を照らした様子です。真下を照らすと、半径1mの様子はクリアに見える。

ランニングシューズや手元のランニングウォッチもバッチリ見える。

以下は走っている様子を動画で撮影。

USB充電

1回の充電で7〜8回使えた(1回30〜60分)。

折り返しニット帽でも使えた

普段はランニングキャップに装着しているが、ニット帽の折り返しの部分に差し込んだら上手く固定できた。これなら冬でも暖かい。

#ライト

とも

BLACKUBE キャップライト」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。